北米向け。欧州や日本向けも準備中

SCE、クラウドゲームサービス「PS Now」オープンベータサービスを提供

ファイル・ウェブ編集部
2014年06月10日
(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、クラウド技術を活用したプレイステーション向けストリーミングゲームサービス「プレイステーション ナウ(PS Now)」のオープンベータサービスを、7月31日よりアメリカ/カナダのPS4ユーザー向けに提供することを明らかにした。今年9月からはPS3にも対象を拡大。さらに2014年中にはPS VitaとプレイステーションTV(日本での名称はPlayStation Vita TV)向けにも提供をスタートする。欧州および日本での提供も準備を進めているという。

SCEは今年1月から、参加者を限定したPS Nowのプライベートベータサービスをアメリカで提供していた。オープンベータサービスは、より対象を拡大しオープンにしたもの。


オープンベータサービスの開始時点では100本以上のPS3対応ソフトを提供。ユーザーはこれを最安2.99USドルからレンタルして遊ぶことができる。レンタル期間や価格については「ユーザーの皆様の様々なライフスタイルに合わせた」かたちでの提供を考えており、ほぼ全てのタイトルが2.99USドル〜19.99USドルで楽しめるとのこと。今後、定額制プランも導入に向けて準備を進めているところとのことだ。

また、「プレイステーション」プラットフォームに限らず様々なネットワーク対応機器に向けたPS Nowサービス提供も実施予定。第1弾として、アメリカで2014年内発売予定のPS Now対応液晶テレビ“ブラビア”購入者向けのプライベートベータサービスをスタートするという。

関連記事