A2以上はハイレゾ/バランス対応

ソニー、新ハイブリッドイヤホン「XBA-A3/A2/A1」− リニアドライブBAドライバ搭載

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 次のページ

2014年09月25日
ソニーは、BAとダイナミックのハイブリッドドライバーを搭載したイヤホンの新モデルとして、新開発のリニアドライブバランスド・アーマチュアを採用するなどした「XBA-A1」「XBA-A2」「XBA-A3」の3モデルを10月24日より発売する。なおXBA-A3/A2の2モデルはハイレゾ対応モデルとして展開する。

XBA-A3

型番ドライバー構成予想実売価格
XBA-A3フルレンジBA
HDスーパートゥイーター
16mmダイナミック
36,000円前後
XBA-A2フルレンジBA
HDスーパートゥイーター
12mmダイナミック
26,000円前後
XBA-A1フルレンジBA
9mmダイナミック
15,000円前後


■3モデル共通の特徴

3機種とも、同時発表されたフラグシップイヤホン「XBA-Z5」同様に、“シンメトリックアーマチュア”とダイレクトドライブ構造による新開発のリニアドライブバランスド・アーマチュアを搭載。

XBA-A2

XBA-A1

シンメトリックアーマチュアは、その名の通りアーマチュアの形状を対称形状にしたというもの。一般的なアーマチュアは振動方向に僅かだが非対称性が生じるU型形状をしているが、これを対称形状のT型アーマチュアに変更。上下方向の振動の対称性を高めることで波形再現性を向上させ、リニアリティを高めている。

ダイレクトドライブ構造は、振動板一体の連結ロッドを採用し、アーマチュアと振動板がダイレクトに連結するというもの。これにより、入力信号に対して忠実に振動板を駆動させるよう配慮した。

XBA-A3のドライバー配置

XBA-A2のドライバー配置


XBA-A1のドライバー配置

また、ハウジング一体型ドライバーユニットを採用。ドライバーユニットをフロントハウジングと一体化させて専用設計とすることで薄型化。耳への圧迫感を低減するおとで、装着性を向上させたという。

XBA-A3のハウジング部

XBA-A1

独立グランドケーブル構造も採用

前のページ 1 2 次のページ

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドSONY
  • 型番XBA-A3
  • 発売日2014年10月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格36,000円前後)
【SPEC】●型式:密閉ハイブリッド ●ドライバーユニット:ハイブリッド3ウェイ(16mmダイナミック+2×バランスド・アーマチュア) ●感度:105dB/mW ●再生周波数帯域:3〜40,000Hz ●インピーダンス:32Ω(1kHz) ●ケーブル長:約1.2m ●プラグ:金メッキステレオミニプラグ ●質量:約10g(ケーブル含まず)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドSONY
  • 型番XBA-A2
  • 発売日2014年10月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格26,000円前後)
【SPEC】●型式:密閉ハイブリッド ●ドライバーユニット:ハイブリッド3ウェイ(12mmダイナミック+2×バランスド・アーマチュア) ●感度:108dB/mW ●再生周波数帯域:4〜40,000Hz ●インピーダンス:32Ω(1kHz) ●ケーブル長:約1.2m ●プラグ:金メッキステレオミニプラグ ●質量:約9g(ケーブル含まず)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドSONY
  • 型番XBA-A1
  • 発売日2014年10月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格15,000円前後)
【SPEC】●型式:密閉ハイブリッド ●ドライバーユニット:ハイブリッド2ウェイ(9mmダイナミック+バランスド・アーマチュア) ●感度:107dB/mW ●再生周波数帯域:5〜25,000Hz ●インピーダンス:24Ω(1kHz) ●ケーブル長:約1.2m ●プラグ:金メッキステレオミニプラグ ●質量:約7g(ケーブル含まず)

関連記事