Android/iOS両対応リモコンマイク装備

クリプシュ、同社上位スピーカー開発陣が携わった新イヤホン「Reference R6m」

ファイル・ウェブ編集部
2014年09月12日
フロンティアファクトリー(株)は、Klipsch(クリプシュ)のイヤホン新モデルとして、同社スピーカーの開発陣が携わった「Reference R6m」を9月26日より発売する。価格はオープンだが11,300円前後での実売が予想される。

Reference R6m

同ブランドの上位スピーカー「Reference」シリーズの音響エンジニアリングチームと工業デザイナーが本機の開発にも関与。モニター性能と音声、設計技術を提供したという。同社では「クリプシュ最高のサウンドであるReferenceの名をつけるにふさわしい、伝説のクリプシュサウンドをこのサイズで実現した」としている。

6.5mm径ドライバーを搭載し、AndroidとiOS両方に対応するシングルボタンリモコンマイクを装備。周波数特性は10Hz〜19kHzで、レベル(1mW)が110dB、インピーダンス(1kHz)が18Ω。

ボディはアルミニウムとエラストマー素材で構成。これにより軽量さと耐久性を兼ね備えているとする。また、フラットケーブルを採用し、取り回しもしやすいよう配慮している。

関連リンク

関連記事