クリプシュ、BAイヤホン「X10」を3年ぶりに復刻 − iPhoneマイクなし仕様で販売

ファイル・ウェブ編集部
2014年07月11日
フロンティアファクトリーは、販売を終了していた米Klipsch(クリプシュ)のイヤホン「X10」を復刻させ、7月25日に発売する。公式サイトはこちら。価格はオープンだが19,800円前後での実売が予想される。

X10

2007年に発売され、高級イヤホンブームの先駆けの一つとなった人気BAイヤホンが、iPhoneマイクなしという当時の仕様で復刻する。なお、当時は「Image X10」という型番だったが、今回は「X10」という製品名になる。名称を変更したのは、プラグ形状を、当時のなだらかなカーブを描いていたものからストレートに変更したほか、付属品もポーチとOval Ear Tips(5サイズ)へと変更したためという。復刻はアジア地域限定。

本機の外箱

上述の通り、型番に「i」が付かない、iPhone対応リモコン非搭載モデルのため、リモコンを必要としないアップル製品ユーザーはもちろん、Walkmanやその他各社のハイレゾプレーヤーなどとの組み合わせにも適している。

スペックは当時のままから変更なく、ドライバーは独自仕様のフルレンジ・バランスド・アーマチュア「KG926」を採用。これにより「繊細でありながら、ダイナミックなサウンドという、たった1基のドライバーとは思えないほどリッチなサウンドを提供する」としている。

軽量な点も特徴のひとつ

周波数特性は5Hz〜19kHzで、レベル(1mW)が110dB、インピーダンス(1kHz)が50Ω、遮音性は-26dB。質量9gと軽量な点も特徴のひとつ。

前述の通り、独自のイヤーチップ「Oval Ear Tips」がシングルS/M/LとダブルS/Lの5サイズと、キャリングポーチが付属する。

関連記事