水中ハウジングケース不要でコンパクトに使える

リコー、同社初の小型防水アクションカメラ「RICOH WG-M1」

ファイル・ウェブ編集部
2014年09月11日
リコーイメージング(株)は、防水・耐衝撃性能を備えるデジカメ“WGシリーズ”の新製品として、同社初のアクションカメラ「RICOH WG-M1」を10月中旬に発売する。価格はオープンだが、3万円台後半での実売が予想される。

RICOH WG-M1

付属の水中レンズプロテクターを装着するだけで、水深10mで連続1時間の水中撮影が可能な防水性能を備える。さらに高さ2mからの耐落下衝撃性能や、IP6X相当の防塵性能、マイナス10度までの耐寒性能も搭載。本体に水中ハウジングケースを装着する必要はなく、これにより軽量かつコンパクトに水中撮影を楽しめるようにした。

レンズは非球面レンズ2枚を含む6群6枚構成のRICOHレンズを採用。焦点距離は3mmで、明るさはF2.8。

動画撮影機能は1920×1080/30fpsの撮影に対応し、記録形式はMOV/H.264。電子式手ぶれ補正機能も搭載する。画角は最大約137度の「ワイド」のほか、「ミディアム」「ナロー」「水中」の4種類から選択できる。機能としては、画面内に動くものを検出すると撮影を開始する「動体検知録画」、5分または10分ごとにファイルを作成しながらを録画を続ける「エンドレス録画」、動画をスロー再生できる「高速モード」などを搭載している。

静止画撮影時の有効画素数は約1400万画素。撮像素子は1/2.3型CMOSを採用する。画角は最大約160度の「ワイド」と、「ミディアム」「ナロー」「水中」の4種類から選択可能で、約10コマ/秒の高速連写撮影機能も備えている。

内部には100MBのメモリーを搭載し、外部記録メディアはmicroSD/SDHCメモリーカードに対応する。

本体は、WGシリーズのテーマである“アウトドアに映えるデザイン”を継承。1.5型のカラーLCDを搭載するほか、底面には三脚座を装備し、様々なアクセサリーを直接取り付けることができる。サイズは約66.5W×42.5H×89.5Dmm(操作部材、突起部を除く)、質量は約151g(電池、メモリーカード、レンズプロテクター O-LP1531含まず)。

また、スマートフォンと連携可能な無線LAN機能も搭載。スマホ/タブレットに専用アプリ「WG-M1」をインストールすることで、撮影画像の確認や、シャッターを切るといったリモート撮影、各種機能設定が行える。動画撮影時には録画中の映像をリアルタイムで確認することが可能。また、本機で撮影した動画や静止画をスマホ/タブレットで閲覧・保存することができ、取り込んだ動画の編集や静止画の加工もアプリから可能。SNSなどへのアップロードも行える。

【問い合わせ先】
リコーイメージング お客様相談センター
TEL/0570-001313
新着記事を見る
  • ジャンルSDカードムービー
  • ブランドRICOH
  • 型番WG-M1
  • 発売日2014年10月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格30,000台後半)
【SPEC】●撮像素子:1/2.3型CMOS ●画素数:約1400万画素(静止画) ●記録メディア:内蔵メモリー100MB、microSD/SDHCメモリーカード ●液晶モニター:1.5型 約11.5万ドットLCD ●外形寸法:約66.5W×42.5H×89.5Dmm(操作部材、突起部含まず) ●質量:約151g(電池、メモリーカード、レンズプロテクター O-LP1531含まず)

関連記事