実用最大出力20W

ソニー、コンパクトな“重低音”Bluetoothスピーカー「SRS-X3」

ファイル・ウェブ編集部
2014年05月20日
ソニーは、60Hzまでの低域再現に対応するポータブルBluetoothスピーカー「SRS-X3」を6月21日に発売する。価格はオープンだが、15,000円前後での実売が予想される。

SRS-X3

3色のカラバリを揃える

“小型サイズ×重低音”をコンセプトに低域重視の音作りを行ったモデルで、実用最大出力20Wを実現する。内部に34mmスピーカーユニットを左右に1基ずつ搭載するバスレフ構造で、正面と背面に1基ずつのパッシブラジエーターを対向配置。これにより重低音再生を強化しており、上述の通り再生周波数帯域60Hzまでの低域再現に対応している。

SRS-X3の背面部。対向配置したパッシブラジエーターにより、背面からも低音が再生される。3.5mmステレオミニ入力も装備する

Bluetooth規格は2.1に準拠。対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFPで、コーデックはSBCのみサポートしている。NFCにも対応する。そのほか、外部入力端子として3.5mmステレオミニも装備している。

音楽再生機能面では、ソニー独自のデジタル信号処理技術を組み合わせた音声技術「ClearAudio+」も搭載。また、本体に搭載する「SOUND」ボタンを押すことで、音場を広げることもできる。

本体天面の操作部

デザインは、従来モデル「SRS-X9」などの形状を継続し、空間にも調和しやすいよう配慮。天面やサイドパネルにはラバー素材を採用しており、持ちやすさも高めている。

内部にはリチウムイオンバッテリーを搭載しており、microUSB経由での充電に対応。最大約7時間の連続再生が行える。

本体サイズは185W×67H×66Dmm、質量は850g。

また、オプションで専用ケース「CKS-X3」も同時発売する予定。こちらの価格はオープンだが、3,000円前後での実売が予想される。

CKS-X3

CKS-X3にSRS-X3を収納したところ

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドSONY
  • 型番SRS-X3
  • 発売日2014年6月21日
  • 価格OPEN(予想実売価格15,000円前後)
【SPEC】●Bluetoothバージョン:ver.2.1+EDR ●対応プロファイル:A2DP,AVRCP,HFP,HSP ●対応コーデック:SBC ●使用ユニット:φ34mm(フルレンジ)×2 ●周波数帯域:60Hz〜16000Hz ●実用最大出力:総合20W(10W+10W) ●入力端子:3.5mmステレオミニ ●連続再生時間:最大 約7時間 ●外形寸法:185W×67H×66Dmm ●質量:850g

関連記事