NFC対応の「KMC1」も

クリプシュ、aptX対応の2.1ch BTスピーカー「KMC3」など2機種

ファイル・ウェブ編集部
2013年09月20日
(株)イーフロンティアの子会社フロンティアファクトリー(株)は、Klipsch(クリプシュ)のBluetoothスピーカー2機種を10月11日に発売する。ラインナップは下記の通り。

・「KMC3」¥OPEN(予想実売価格40,800円前後)


KMC3(ブラック)

KMC3(ホワイト)
5cmのアルミニウム・ダイアフラム フルレンジスピーカーを2基と、13.3cmのロングスロー ウーファーを1基搭載するバスレフ型のBluetoothスピーカー。各ユニットをバイアンプ駆動するシステムとしており、合計出力は65Wとなる。周波数特性は45Hz〜24kHz(±3dB)で、クロスオーバー周波数は380Hz。

Bluetooth経由での再生フォーマットはaptX/AACに対応。そのほか、音声入力端子として3.5mmステレオミニも備えている。

電源は付属のACアダプターのほか、単一乾電池8本での駆動も可能。バッテリーは内蔵しない。電池駆動の際は、デフォルトのボリューム値で26時間、ボリューム最大時で8時間の連続再生に対応する。また充電用のUSBポートも1系統備えており、本機を介してスマホやDAPを充電できる。

本体サイズは432W×183H×140Dmm、質量は3.5kg。カラーはブラックとホワイトの2色をラインナップする。


・「KMC1」¥OPEN(予想実売価格30,800円前後)


KMC1(ブラック)

KMC1(ホワイト)
6.4cmのフルレンジスピーカーを2基搭載するBluetoothスピーカーで、7.6cmのパッシブラジエーターを2基備える。周波数特性は65Hz〜18kHz(±3dB)。最大出力は102dB。

Bluetooth経由での再生フォーマットはaptX/AACに対応。NFC機能もサポートしており、Bluetooth対応機器とのペアリングを簡単に行える。そのほか、音声入力端子として3.5mmステレオミニも備えている。

電源は付属のACアダプターのほか、リチウムイオンバッテリーを内蔵している。バッテリー駆動の際は、最大8時間の連続再生に対応する。また充電用のUSBポートも1系統備えており、本機を介してスマホやDAPを充電できる。

本体サイズは259W×109H×86Dmm、質量は1.56kg。カラーはブラックとホワイトの2色をラインナップする。
新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドKLIPSCH
  • 型番KMC3
  • 発売日2013年10月11日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格40,800円前後)
【SPEC】●使用ユニット:5.0cmアルミニウム・ダイアフラムフルレンジスピーカー×2、13.3cmロングスローウーファー×1 ●周波数特性:45Hz〜24KHz ±3dB ●クロスオーバー周波数:380Hz ●入力:Bluetooth(aptX / AAC)、3.5mmステレオミニジャック ●最大出力:105dB(近距離0.5m) ●電池駆動時間:デフォルトボリューム時26時間、最大ボリューム時8時間 ●外形寸法:432W×183H×140Dmm ●質量:3.5kg
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドKLIPSCH
  • 型番KMC1
  • 発売日2013年10月11日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格30,800円前後)
【SPEC】●使用ユニット:6.4cmフルレンジスピーカー×2 ●周波数特性:65Hz〜18kHz ±3dB ●入力:Bluetooth(aptX/AAC)、3.5mmステレオミニジャック ●最大出力:102dB ●バッテリー駆動時間:8時間(充電可能なリチウムイオンバッテリー搭載) ●外形寸法:259W×109H×86Dmm ●質量:1.56kg

関連記事