2.1ch機「SRS-BTX500」と2ch機「SRS-BTX300」

ソニー、NFC対応のポータブルBluetoothスピーカー2機種

ファイル・ウェブ編集部
2013年01月18日
ソニーは、NFC対応Bluetoothスピーカーの新モデルとして、2.1chモデル「SRS-BTX500」と2chモデル「SRS-BTX300」を2月21日より発売する。

・SRS-BTX500 ¥OPEN(予想実売価格30,000円前後)
・SRS-BTX300 ¥OPEN(予想実売価格20,000円前後)

SRS-BTX500

SRS-BTX300

両モデルともNFCとBluetooth 3.0に対応。NFC対応機器とのペアリングや機器切り替えなどの操作をワンタッチで行える。BluetoothはA2DP/AVRCP/HSP/HFPの各プロファイルに対応している。

加えて、AACとApt-Xにも対応。音質面では圧縮音源の帯域補完技術「DSEE」、およびフルデジタルアンプ「S-Master」を搭載している。

家の中で持ち運ぶなどの使用シーンを想定したポータブルサイズの筐体を採用。内蔵バッテリーでの駆動も可能で、BTX500は最大6時間、BTX300は最大8時間使用できる。また、USB経由でスマートフォンやウォークマンなどへのおすそわけ充電することもできる。同機能ではAC電源駆動時のみタブレットにもおすそわけ充電できる。

「SRS-BTX500」は、48mmサテライトスピーカー2基と80mmサブウーファーを搭載した2.1chモデル。出力は10W+10W+20W。本体色はブラックのみの1色で展開する。

2.1chスピーカーとデュアルパッシブラジエーターを搭載

サテライトスピーカーには磁性流体サスペンション構造を採用。従来に比べ消費電力を約35パーセント削減するとともに、音のひずみを抑え、伸びのあるボーカル音を実現したとしている。

側面の様子

背面の様子

加えて、パッシブラジエーターを2基搭載。バスレフ型スピーカーと比べて風切り音などのノイズを抑え、重みのある低音を実現したという。また、独自のDSPによりスピーカーの音響特性も補正する。

「SRS-BTX300」は、70mmサテライトスピーカーを2基搭載した2chモデル。出力は10W+10W。ブラックとホワイトの2色をラインナップしている。

SRS-BTX300の側面

ブラックとホワイトの2色で展開

パッシブラジエーターを1基にしたほか、サブウーファーや磁性流体スピーカーなどを省略することで「SRS-BTX500」よりも低価格化を実現。本体サイズも「SRS-BTX500」より若干コンパクトにしている。

BTX500とBTX300のサイズ比較

背面の様子

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドSONY
  • 型番SRS-BTX500
  • 発売日2013年2月21日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格30,000円前後)
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドSONY
  • 型番SRS-BTX300
  • 発売日2013年2月21日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格20,000円前後)

関連記事