テーブル置き/壁掛けの2つの設置方法に対応

パナソニック、実売1.4万円のBluetoothサウンドバー「SC-HTB8」

ファイル・ウェブ編集部
2014年05月14日
パナソニックは、Bluetooth内蔵のサウンドバー「SC-HTB8」を6月13日より発売する。価格はオープンだが、14,000円前後での実売が予想される。

「SC-HTB8」

本機は80mmフルレンジユニットをchあたり2個ずつ搭載したパッシブラジエーター型のステレオスピーカーとなる。実用最大定格出力は27W+27W(8Ω、1kHz、全高調波ひずみ率10%)。音声入力は光デジタルを1系統、アナログLR(RCA)を1系統搭載する。

使用環境に合わせて、テーブル置き/壁掛けの2種類の設置方法に対応する。また、Bluetoothを内蔵し、スマートフォンなどの音源をワイヤレス再生できることも特徴。バージョンは3.0で、プロファイルはA2DP(SCMS-T対応)、コーデックはSBCに対応する。

外形寸法は750W×65.5H×118Dmm、質量は約2.3kgとなる。

【問い合わせ先】
パナソニック お客様ご相談センター
TEL/0120-878-365
新着記事を見る
  • ジャンルフロントサラウンドシステム
  • ブランドPANASONIC
  • 型番SC-HTB8
  • 発売日2014年6月13日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格14,000円前後)
【SPEC】<Bluetooth部>●バージョン:Ver. 3.0 ●対応プロファイル:A2DP(SCMS-T対応) <スピーカー部>●形式:1ウェイ1スピーカーシステム(パッシブラジエータ型) ●使用ユニット:8cmコーン型×2/ch <アンプ部>●実用最大定格出力(サラウンドモード,各チャンネル動作時):フロント(L/R)…27W+27W(同時駆動、JEITA)(8Ω、1kHz、全高調波歪率10%) ●接続端子:光デジタル音声入力(テレビ)×1、アナログ音声入力(BD/DVD)×1  <本体>●消費電力:32W(待機時 約0.5W) ●外形寸法:テーブル置き時…750W×65.5H×118Dmm、壁掛け時…750W×115H×65Dmm ●質量:約2.3kg

関連記事