オーディオテクニカ、アンプ内蔵モデルなど“SONIC FUEL”新ヘッドホン&イヤホン

ファイル・ウェブ編集部
2013年10月10日
オーディオテクニカは、“SONIC FUEL”シリーズの新モデルとして、アンプ内蔵ヘッドホン「ATH-OX7AMP」、ヘッドホン「ATH-OX5」、イヤホン「ATH-CHX7」「ATH-CHX5」を11月15日より発売する。

ATH-OX7AMP

“SONIC FUEL”シリーズは「どこにいても『大好きな音楽を思いっきり楽しみたい』というリスナーの情熱を刺激する」がコンセプト。各製品の詳細は以下のとおり。

アンプ内蔵ヘッドホン
ATH-OX7AMP ¥OPEN(予想実売価格29,800円前後)

ATH-OX7AMP

ハウジングにヘッドホンアンプを内蔵しているのが大きな特徴。 オーディオテクニカ初のアンプ内蔵モデルとなる。「ノイズを除去し、音楽信号だけを増幅できるようにした」(同社説明員)。

ハウジングにはブランドロゴを配置する

バッテリーには単4形電池1本を使用。アルカリタイプで約35時間の連続使用が可能。アンプOFF時も通常のヘッドホンとして使えるTrue Bypass機能を搭載している。ハウジング内部の容積確保とアンプ内蔵を両立する点に苦労したとのこと。そのためアンプはなるべくシンプルでコンパクトなものを選んだという。

電源は単4形乾電池1本を使用

アンプの電源スイッチとボリュームノブを配置

φ40mmドライバーを搭載した密閉ダイナミック型。再生周波数帯域は9〜26,000Hz、最大入力は800mW、出力音圧レベルは105dB/mW(アンプ使用時)、99dB/mW(アンプ不使用時)。インピーダンスは68Ωとなる。

耳や頭への接地面を広くしたスマートフォルムヘッドバンドにより、支点を増やし装着性を高めている。質量は約220g(電池・コード除く)。

ケーブルは通常ケーブル(1.2m/L型3.5mmステレオミニジャック)のほか、スマートフォン用のコントローラー付きケーブル(1.2m/L型4極タイプ・3.5mmステレオミニジャック)も付属する。

付属ケーブル

4極ユニバーサルタイプのリモコンを採用


リケーブルに対応する



ヘッドホン
ATH-OX5 ¥OPEN(予想実売価格19,800円前後)
カラー:ブラック/レッド

ATH-OX5


ブラック/レッドの2色

ボビン巻きCCAWボイスコイルのφ40mmドライバーを搭載したダイナミック型ヘッドホン。スマートフォルムヘッドバンドにより、装着性を高めている。

スマートフォルムヘッドバンド

ケーブルは着脱可能。通常ケーブル(1.2m/L型3.5mmステレオミニジャック)のほか、スマートフォン用のコントローラー付きケーブル(1.2m/L型4極タイプ・3.5mmステレオミニジャック)も付属する。

クッション性の高いイヤーパッドを採用

本機もリケーブルに対応する

再生周波数帯域は15〜22,000Hz、最大入力は1,600mW、出力音圧レベルは99dB/mW、インピーダンスは35Ω。質量は約190g(コード除く)。

ヒンジの伸縮部も凝ったデザインとなっている



イヤホン
ATH-CHX7 ¥OPEN(予想実売価格6,480円前後)
ATH-CHX7iS ¥OPEN(予想実売価格6,980円前後)
カラー:ブラック/レッド/ホワイト

ATH-CHX7


全3色展開

ATH-CHX5 ¥OPEN(予想実売価格3,480円前後)
ATH-CHX5iS ¥OPEN(予想実売価格3,980円前後)
カラー:ブラック/ブルー/レッド/ホワイト

ATH-CHX5


全4色展開

CHX7はφ14.3mm、CHX5はφ13.5mmのダイナミックドライバーを搭載。どちらもスマートフォン用のマイク付きリモコンを備えたモデル(末尾に「iS」がついたもの)も用意する。カナル型イヤホンのような密閉性と、オンイヤーヘッドホンのような着け心地を両立したハイブリッドモデルとのこと。

CHX7/CHX7iSはハウジングにアルミを採用。ヘアライン仕上げを施し高級感もプラスしている。14.3mmドライバーと2つの新設計ダクトにより、鮮やかな重低音を実現するとのこと。

ハウジングの外側にアルミ素材を採用

イヤーチップは、音漏れを防ぎ迫力ある音を再生するというCHX7専用のものをS/Mの2サイズ用意。ケーブルは新開発の“グルーブド・フラットコード”を採用。縦方向に溝を入れたフラットケーブルで、タッチノイズを軽減。ケーブルも絡みにくくなっている。インラインのマイク付リモコンは4極仕様のシングルボタンタイプ。

イヤーチップを外すとインナーイヤホンになっている

CHX7シリーズのイヤーチップ。5と比べるとサイズが大きい


CHX7iSのマイク付コントローラー

縦方向に細かく溝を刻んでいる“グルーブド・フラットコード”を採用
再生周波数帯域は15〜22,000Hz、最大入力は40mW、出力音圧レベルは100dB/mW、インピーダンスは16Ω。質量は約12g(コード除く)。

CHX5/CHX5iSは、低域の力強さと開放感を兼ね備えた音場を特徴とする。こちらも専用イヤーチップをS/Mの2サイズ用意している。ケーブルは絡みにくい新開発フラットコード。

CHX5シリーズのイヤーチップ

フラットケーブルを採用

再生周波数帯域は20〜22,000Hz、最大入力は20mW、出力音圧レベルは100dB/mW、インピーダンスは19Ω。質量は約9g(コード除く)。

CHX5iSのマイク付コントローラー

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-OX7AMP
  • 発売日2013年11月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格29,800円前後)
【SPEC】●型式:密閉ダイナミック型 ●ドライバー:φ40mm ●出力音圧レベル:105dB/mW(アンプ使用時)、99dB/mW(アンプ不使用時) ●再生周波数帯域:9〜26,000Hz ●最大入力:800mW ●インピーダンス:68Ω ●質量:約220g(電池、コード除く)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-OX5
  • 発売日2013年11月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格19,800円前後)
【SPEC】●型式:密閉ダイナミック型 ●ドライバー:φ40mm ●出力音圧レベル:99dB/mW ●再生周波数帯域:15〜22,000Hz ●最大入力:1,600mW ●インピーダンス:35Ω ●質量:約190g(コード除く)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-CHX7
  • 発売日2013年11月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格6,480円前後)
【SPEC】●型式:ダイナミック型 ●ドライバー:φ14.3mm ●出力音圧レベル:100dB/mW ●再生周波数帯域:15〜22,000Hz ●最大入力:40mW ●インピーダンス:16Ω ●プラグ:φ3.5mm金メッキステレオミニ(L型) ●コード長:1.2m(Y型) ●質量:約12g(コード除く)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-CHX5
  • 発売日2013年11月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格3,480円前後)
【SPEC】●型式:ダイナミック型 ●ドライバー:φ13.5mm ●出力音圧レベル:100dB/mW ●再生周波数帯域:20〜22,000Hz ●最大入力:20mW ●インピーダンス:19Ω ●プラグ:φ3.5mm金メッキステレオミニ(L型) ●コード長:1.2m(Y型) ●質量:約9g(コード除く)

関連記事