新開発光学エンジン採用。実売2,500万円

JVC、8K対応の業務用D‐ILAプロジェクター「DLA‐VS4800」

ファイル・ウェブ編集部
2013年03月21日
(株)JVCケンウッドは、同社のJVCブランドより、8K解像度に対応する業務用D-ILAプロジェクター「DLA-VS4800」を3月下旬に発売する。価格はオープンだが、2,500万円前後(レンズ含まず)での実売が予想される。

DLA‐VS4800

独自開発による約1,000万画素の「1.27型4K2K“D-ILA”デバイス」と、新開発の“e‐shift”デバイスで構成する“e-shift”テクノロジーを搭載した新開発の光学エンジンを採用し、8K(8,192×4,800)解像度の表示に対応する。

“e-shift”テクノロジーにより、4K解像度の映像を時間的・空間的にずらして8K解像度を表示させる仕組みを採用しており、レンズやケーブル、ビデオカードなどは既存の4K解像度対応の機材が利用できる。

また、上述の“D-ILA”デバイスとワイヤーグリッドを組み合わせることにより、ネイティブ10,000対1の高コントラスト比を実現。深くリアルな黒を表示し、より臨場感・奥行き感のある映像を再現するとしている。

各色12bitの階調表現に対応し、明部や暗部の忠実な再現を狙っている。1/10画素単位で色ずれ補正を光学的に行うコンバージェンス調整機能も搭載する。本機はネットワーク機能に対応しており、全機能をPCから制御できる。

ランプ部は、330Wの超高圧水銀ランプによる2灯式システムを採用し、4,500lmの輝度を実現した。ランプモードはHigh/Lowの切替が可能で、ランプ寿命は300時間とランニングコストを抑えた。また、100V/200Vの両電源に対応するほか、大型プロジェクターでありながらファンノイズ50dB未満の低騒音も実現。

オプションとしては、短焦点、ズームレンズなど、多用な用途に対応するオプションレンズを4モデル用意。さらに、DVI映像をより高品位に伝送する光DVIユニット「PK-EXT40」もラインナップする。

同社は本機について、プラネタリウムやミュージアム、シミュレーションなどでの投写映像、CADによるデザイン・設計用映像、会議用映像や菅氏映像など、大画面・高精細映像を必要とするさまざまな用途への使用を想定している。

【問い合わせ先】
(株)JVCケンウッド
ホーム&モバイル事業グループ
国内営業統括部 PJ部
TEL/046-836-7303

関連記事