“春のイチオシモデル”「Xperia Z」など

【詳報】ドコモ、スマホ2013年モデル発表 − 堀北真希さんらも登場

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

2013年01月22日

■1.7GHzクアッドコアの「ARROWS X」

「ARROWS X F-02E」は、5インチのフルHDディスプレイを搭載。ROMが32GBで、RAMが2GB、バッテリー容量が2420mAh。CPUに1.7GHz/クアッドコアのTegra3を搭載している点がスペック面での大きな特徴。

ARROWS X F-02E

防水(IPX5、8)/防塵(IP5X)機能のほか、おサイフケータイや赤外線通信、ワンセグなどのフィーチャーフォン機能、およびNOTTVも装備。NFCにも対応するほか、テザリング同時接続台数は最大8台で、Xi対応速度は100Mbps/37.5Mbps。ブラック/ホワイトの2色を用意している。

屋外でも見やすいというスーパークリアパネルを採用。カメラの撮像素子には裏面照射型CMOSを採用し、画素数は約1630万。従来から引き続き「ヒューマンセントリックエンジン」を搭載し、年齢に合わせて画面を見やすい色味に補正する「あわせるビュー」などの機能を備えている。

■大容量3000mAhバッテリー搭載の「Optimus G Pro」

Optimus G Pro L-04E

「Optimus G Pro L-04E」は、独自の「True Full HD IPSディスプレイ」を搭載した5インチ/フルHDモデル。ROMが32GBで、RAMが2GB、バッテリー容量は今回の新モデル中で最大の3000mAh。CPUは1.7GHz/クアッドコアのAPQ8064を搭載している。

スタンドのように設置できる充電アダプターも付属

NFCやNOTTVのほか、赤外線やワンセグなどのフィーチャーフォン機能にも対応。テザリング同時接続台数は最大8台で、Xi対応速度は100Mbps/37.5Mbps。なお、防水/防塵機能は備えていない。

NFC用の「LG Tag+」も2個付属。バイブ機能などを任意のセッティングにして記録しておき、そのセッティングをワンタッチで呼び出せる

ガラス面に直接タッチセンサーをプリントし一体化する新技術により、ガラス面と液晶部分の薄型化を実現。ガラス面に直接画像が表示されるような新感覚のディスプレイを実現したという。

カメラ部は約1320万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載。日本向けのスマートフォンとして初めてインカメラとアウトカメラでの同時映像録画にも対応している。

■Xi 112.5Mbpsに唯一対応した「Ascend D2」

Ascend D2 HW-03E

「Ascend D2 HW-03E」は、解像度720×1280の4.7インチディスプレイを搭載。ROMが32GBで、RAMが2GB、バッテリー容量は3000mAh。CPUは1.5GHz/クアッドコアのK3V2を搭載している。

今回のモデルで唯一、112.5MbpsのXiに対応。テザリング同時接続台数は最大8台。防水(IPX5、7)/防塵(IP5X)機能のほか、おサイフケータイやNOTTV、ワンセグなども搭載している。カメラ画素数は約1310万画素。

防水機能に関しては、濡れた手でも快適に操作可能な水滴クリアタッチパネルを搭載。画面に撥水コーティングを施すとともに、高感度タッチセンシング技術を投入することで、手が濡れていたりタッチパネル上に水滴があっても誤作動なくタッチ操作を行えるようにした。

ちなみに新モデル群のなかで唯一、イヤホンジャックが本体底面についている(他モデルはMEDIAS Wが側面で、それ以外はすべて本体上部に装備)

撥水コーティングを施している

withシリーズは「AQUOS PHONE EX」「MEDIAS X N-04E」の2機種

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

関連リンク

関連記事