オーディオテクニカ、カラフルBluetoothヘッドセット/スワロフスキー付きイヤホン

ファイル・ウェブ編集部
2012年10月16日
(株)オーディオテクニカは、カラフルなボディを採用した“Sound/Phone”シリーズのBluetoothヘッドセット「ATH-BT09」と、宝石のようなデザインの“BIJOUE"シリーズ「ATH-CKF505」を発売する。各製品の詳細は以下の通り。

ATH-BT09 ¥OPEN(予想実売価格6,000円前後) 12月14日発売


ATH-BT09
Bluetooth2.1+EDR対応のヘッドセット。対応するBluetoothプロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSPで、ワイヤレス音楽試聴やハンズフリー通話を行える。また、ワンセグ音声をワイヤレスで聴けるSCMS-Tにも対応する。マルチペアリング対応で、最大8台までの機器登録が可能だ。

イヤホン部はφ8.5mmドライバーを搭載したダイナミック型。再生周波数帯域は20〜23,000Hzとなる。XS/S/M/Lの4サイズのイヤーピースを付属し、ぴったりの装着感のものを選ぶことができる。

左右でカラーリングの違うクレイジーカラーモデルもラインナップ

マイク部は楽曲再生の操作リモコンも兼ねており、再生/停止、早送り/巻き戻し、音量調節などが可能。

マイク部

胸ポケットにクリップで装着した際に口元を向く方向へマイクを搭載

「シンプルな操作性にこだわった」(同社説明員)とのことで、基本的にワンボタンでの操作を採用しており、1回押すと再生/停止、2回押すと早送り、3回押すと巻き戻しといった具合に操作する仕様になっている。そして「ボタンが大きいため満員電車などでの誤操作防止としてロック機構を設けた」という。

ボリューム調整ボタンは別で用意

ATH-CKF505 ¥OPEN(予想実売価格2,000円前後) 11月16日発売

ATH-CKF505

女性を意識した“BIJOUE"シリーズの新モデル。3つのスワロフスキー・エレメントが胸元を飾るデザインで、リーフの彫刻をあしらったコード巻き取りホルダーが付属する。

コードスライダー部にスワロフスキーをあしらった

女性向けデザインを採用

φ9.6mmドライバーを搭載したダイナミック型で、出力音圧レベルは102dB/mW、最大入力を50mW、再生周波数帯域は16〜23,000Hz、インピーダンスは16Ω。

コード巻き取りホルダーも付属
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-BT09
  • 発売日2012年12月14日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格6,000円前後)
【SPEC】●通信方式:Bluetooth2.1+EDR ●対応Bluetoothプロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP ●対応コーデック:SBC
<ヘッドホン部>●型式:ダイナミック型 ●ドライバー:φ8.5mm ●再生周波数帯域:20〜23,000Hz
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-CKF505
  • 発売日2012年11月16日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格2,000円前後)
【SPEC】●型式:ダイナミック型 ●ドライバー:φ9.6mm ●再生周波数帯域:16〜23,000Hz ●インピーダンス:16Ω ●質量:約4g(コード除く)

関連記事