「ポタ研2012」で20台限定先行発売

CAV、“重低音”を強化したポータブルヘッドホンアンプ「BRT-PA1」

ファイル・ウェブ編集部
2012年07月06日
CAVジャパンは、スマートフォン向けオーディオブランド“BuruTta(ブリュッタ)”の第二弾製品として、ポータブルヘッドホンアンプ「BRT-PA1」を7月中旬に発売する。価格はオープンだが、直販サイトでは19,800円(税込)で販売する。

BRT-PA1

BRT-PA1のインターフェース

本体サイズ60W×107.82H×16Dmm、質量120gのスリムでコンパクトなポーダブルヘッドホンアンプ。高級感・重厚感のあるシャイブラックの本体に、フロントとバックパネルにビビットなオレンジカラーを配置したデザインを採用している。

“SOUL”の流れを汲む「太い音の再生」にこだわったという製品で、本体にはBASS BOOSTスイッチを搭載。NORMからBASSにスライドすると、さらに重低音が増強される。

また、ホワイトノイズが気にならないようにボリューム機構をきめ細かく調整し、ノイズを低減。アナログアンプ特有のギャングエラーの発生も低減させた。

本体には1,000mAhのリチウム電池を内蔵しており、USB充電に対応。最大15時間の連続再生が可能となる。

入力インピーダンスは1kΩで、出力インピーダンスは0.1Ω。最大出力電圧は7.4Vp-p。ノイズレベルは-95dBで、SN比は105dBとなる。そのほか、BASSブーストは+10dBで、ダイナミックレンジは101dB。

なお本製品は、明日7月7日(土)に中野サンプラザで開催されるフジヤエービック主催の「ポータブルオーディオ研究会(関連ニュース)」にて、20台限定の先行発売を行う予定となっている。

【問い合わせ先】
CAVジャパン(株)
TEL/0120-232-765

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドCAV
  • 型番BRT-PA1
  • 発売日2012年7月中旬
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格19,800円・税込)
【SPEC】 ●入力インピーダンス:1kΩ ●出力インピーダンス:0.1Ω ●最大出力電圧:7.4Vp-p ●ノイズレベルは-95dB ●SN比:105dBとなる ●BASSブースト:+10dB ●ダイナミックレンジ:101dB ●外形寸法:60W×107.82H×16Dmm ●質量:120g

関連記事