コードネームは「MEG4.0」

オリンパス、スマホ連携を想定したメガネ型ディスプレイの試作機を開発

ファイル・ウェブ編集部
2012年07月05日
オリンパス(株)は、スマートフォンとのBluetoothワイヤレス連携機能を搭載する、メガネ型ディスプレイの試作機「MEG4.0(メグ4.0)」の開発を発表した。


MEG4.0試作機
本機では同社独自の瞳分割シースルー光学系を採用し、外界の視界を遮らずに自然にディスプレイの表示を見ることを可能にした。また、表示パネルの光の利用効率を高めたことで、低消費電力のまま高輝度を実現し、屋外での視認性も向上しているという。

ディスプレイ部の解像度はQVGA(320×240画素)、輝度は10〜2000カンデラ。無線方式はBluetooth Ver.2.1を採用している。本体内蔵のバッテリーで約8時間駆動できるが、この場合は3分ごとに15秒間の間欠表示が発生し、連続表示の場合は約2時間までとなる。本体質量は電池込みで30g以下、全長は196mm。

装着形態は日常生活での利用を考慮して、簡単に着脱できるメガネ型とし、デザインも違和感のないよう配慮したものに仕上げたという。方位・加速度センサーも内蔵していることから、同社ではこれらを利用した操作系インターフェースとしての応用や、GPSとの組み合わせによる幅広いアプリケーションへの展開も可能としている。

関連記事