ソニーセミコンダクタ長崎テックで

ソニー、積層型CMOSの生産増強に約800億円投資 − スマホ/タブレットへの供給強化

ファイル・ウェブ編集部
2012年06月22日
ソニーは、ソニーセミコンダクタ 長崎テクノロジーセンターでの積層型CMOSイメージセンサーの生産能力の増強を目的とした約800億円の設備投資を、2012年度上期から2013年度上期にかけて実施。イメージセンサーの総生産能力を約60,000枚/月へ拡充する。

設備投資は、主に積層型CMOSイメージセンサーのウェハー加工用の新規生産設備、またCMOSイメージセンサーが生産できるウェハーライン増強などに充てる。ソニーのCCDとCMOSイメージセンサーの総生産能力は、2013年9月末時点で約60,000枚/月になる見込み。

生産能力の増強により、スマートフォンやタブレットなどの需要が急拡大するモバイル機器市場における積層型CMOSイメージセンサーの供給体制を強化する。

関連リンク

関連記事