左右chを分離することにより信号干渉を排除

ラトック、ツインモノラル構成の192/24対応マルチビットUSB-DAC

ファイル・ウェブ編集部
2012年05月11日
ラトックシステム(株)は、192kHz/24bitの入力ソースに対応するツインモノラル構成のマルチビットDAコンバーター「RAL-24192DM1」を6月中旬に発売する。価格は246,750円(税込)。

RAL-24192DM1

背面端子部

同社がUSB-DAC製品の低ジッター化で培った信号処理技術や、内部干渉を排除するための設計技術等を集結し、「正確な原音再生」を追求したというモデル。

クロックには、2個の独立した高精度水晶発振モジュール(22.5792MHz、24.576MHz)を採用。生成されたクロックはDACに直接供給。正確なタイミングでD/A変換し、歪みの少ないアナログ波形生成が可能だという。DACは192kHz/24bit対応のマルチビットDAC「PCM1704」をL/R各chに搭載し、専用コントローラー(DF1704)を使用せずにソフトウェアで制御する。ノンオーバーサンプリングでマルチビット本来の動作を行わせることにより、歪みの少ない自然な音の再生を図った。

また、DAC部およびD/A変換以降のアナログ部は、左右chを完全に分離したツインモノラル構成とし、ch間の信号干渉を極力低減している。電源部も、デジタル部、DACデジタル部、アナログ部の各電源回路を独立した専用トランスおよび回路により完全に分離し、相互干渉を抑えている。

入力はUSBと同軸デジタルを1系統ずつ。USB入力などのデジタル処理部のGNDとDAC、アナログ部のGNDを完全に分離し、4層基板やインピーダンスを制御した基板パターン、部品配置との相乗効果によりGNDを通したノイズの伝播や相互干渉を抑えた。

出力は、RCA/XLR×1/ヘッドホンを1系統ずつ備え、最大600Ωのハイインピーダンスヘッドホンにも対応する。

なお本機は、5月12日(土)に東京・青山で開催される「春のヘッドフォン祭り2012」にて展示・試聴デモを予定している。

【問い合わせ先】
ラトックシステム サポートセンター
TEL/06-6633-0180

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドRATOC
  • 型番RAL-24192DM1
  • 発売日2012年6月中旬
  • 価格¥246,750(税込)
【SPEC】 ●入力端子:USB×1、同軸デジタル×1 ●出力端子:RCA×1、XLR×1 ヘッドホン×1

関連記事