マクセル、500GB HDD内蔵&DLNA対応のダブルチューナーiVレコーダー

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2012年02月20日
日立マクセル(株)は、ダブルチューナー内蔵で、DLNA対応のiVレコーダー「VDR-R2000.G50」を2月25日より発売する。価格はオープンだが、45,000円前後での販売が予想される。

VDR-R2000.G50

本製品は昨年6月に発売したiVレコーダー「VDR-R2000」の内蔵HDD容量を500GBに増強したモデルとなる。

iVスロットを備え、カセット型HDD「iVDR-S」を記録媒体に使用可能。デジタルチューナーは地上/BS/110度CSデジタル×2系統。デジタル放送の2番組同時録画が行える。また、ハイビジョン解像度のまま、MPEG-4 AVC/H.264で圧縮する8倍の長時間録画が可能で、SD画質の場合は約24倍の録画が行える。録画モードはTSのほか、TSE、TSX4、TSX8、TSX24を用意している。なお、2番組同時のAVC録画は行えない。

録画する際の番組検索機能も充実。「おすすめ」「注目番組情報」「キーワード検索」の3つの探す機能を備えている。

ネットワーク機能では、DLNAサーバー機能を装備。本機で録画した番組を、DTCP-IP対応のDLNAプレーヤーで再生することが可能。また、本機をDLNAプレーヤーとして使用することもできる。そのほかDTCP-IPダビングにも対応し、レコーダーに録画した番組を、ネットワークダビング対応のBDレコーダーやNASにコピー/ムーブすることが可能。BDレコーダーにダビングした場合は、そこからブルーレイに保存することもできる。

またネットワークサービスでは「TSUTAYA TV」「アクトビラ」などに対応している。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドMAXELL
  • 型番VDR-R2000.G50
  • 発売日2012年2月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格45,000円前後)
【SPEC】●内蔵HDD容量:500GB ●録画メディア:iVDR-Secure(iVDRスロット×1) ●受信放送:地上/BS/110度CSデジタル×2系統 ●出力端子:コンポジット映像出力 ピンジャック×1系統、アナログ音声出力 ピンジャック(L、R)×1系統、S映像出力 コネクタ×1系統、HDMI×1系統 (HDCP対応、CEC対応)、光デジタル音声出力×1系統 ●LAN端子(ネット接続用):10BASE-T/100BASE-TX×1 ●SDカードスロット:1(ムービー/写真) ●AVネットワーク(DTCP-IP対応):サーバー機能/クライアント機能 ●消費電力(待機時):26W(0.3W) ●外形寸法:297W×66H×224Dmm(突起部を除く) ●質量:約2.3kg

関連記事