Woooとの連携に最適

マクセル、iVマルチプレーヤー「VDR-P100」を200台限定でネット販売

Phile-web編集部
2009年03月26日
日立マクセル(株)は、カセット型HDD「iV」の再生が可能なコンパクトサイズのプレーヤー、“iVマルチプレーヤー”「VDR-P100」を4月1日から同社直販サイト「MAXELL-ONLINE.com」で販売開始する。販売台数は200台限定。価格はオープンだが、3万円前後での販売が予想される。

“iVマルチプレーヤー”「VDR-P100」

本機は、2007年、2008年のCEATECに出展されていた製品。iVDR/iVDR Miniのほか、著作権保護技術「SAFIA」に対応したiVDR-Sの再生も可能。iVポケット搭載のWoooで録画した番組を再生することができる。たとえばリビングにあるWoooでiVに録画を行い、そのiVを寝室に置いたiVマルチプレーヤーで再生するなど、様々な使い方が考えられそうだ。

なお、アクトビラ ビデオ ダウンロードのコンテンツは再生できないが、今後のファームウェアアップデートにより、対応を検討しているという。また、Woooで録画したTSXモードの動画は再生できない。

さらに本機はUSB端子も備え、パソコンとつないでストレージとして用い、iVDRに動画を保存することもできる。本体は小型なので、気軽に持ち運んで、様々な機器とつなげて使うことができそうだ。 さらにLAN端子も装備し、対応するフォーマットであれば、家庭内ネットワーク上にあるコンテンツを、本機を通してストリーミング再生することも可能だ。なお、対応OSはWindows Vista/XP SP2以降となる。

ビデオ出力はHDMI/D端子/Sビデオ端子/ビデオ端子(AVマルチ端子)を各1系統装備。対応ビデオフォーマットはMPEG-1/MPEG-2/MPEG-4/WMV9/H.264。オーディオ出力は光デジタル端子(5.1ch対応)とステレオ音声出力用のAVマルチ端子を備え、MP3/WMA/リニアPCM/AACの再生に対応する。

本体の外形寸法は198W×26H×163Dmm、質量は約420g。ハードカバーの書籍とほぼ同サイズのため、家庭内での移動も容易に行えそうだ。
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドMAXELL
  • 型番VDR-P100
  • 発売日2009年4月1日
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格30,000円前後)
【SPEC】●対応メディア:iVDR-S/iVDR/iVDR Mini ●再生フォーマット:動画→MPEG-1/MPEG-2/MPEG-4/WMV9/H.264 音楽→MP3/WMA/リニアPCM/AAC ●コンテンツ保護:SAFIA/マクロビジョン/CGMS-A/HDCP ●映像端子:HDMI/D端子/Sビデオ端子/ビデオ端子(AVマルチ端子) ●音声端子:光デジタル端子(5.1ch対応)とステレオ音声(AVマルチ端子) ●データ端子:USB2.0、LAN ●対応OS:Windows Vista/XP SP2以降 ●本体外形寸法:198W×26H×163Dmm ●本体質量:約420g

関連記事