手ブレ補正機能「マルチシーンIS」搭載も特徴

キヤノン、Wi-Fi対応でiPhone連動する「HF M52」など“iVIS”3モデル

ファイル・ウェブ編集部
2012年01月19日
キヤノンマーケティングジャパン(株)は、ビデオカメラ“iVIS”の新モデルとして「HF M52」など3機種を3月上旬より発売する。ラインナップと各製品の詳細は下記のとおり。

■HF M52 ¥OPEN(予想実売価格85,000円前後)
■HF M51 ¥OPEN(予想実売価格80,000円前後)

HF M51

HF M52

両モデルとも32GBのメモリーを内蔵。M52はWi-Fiを内蔵しているのが大きな特徴で、その他の仕様はほぼ共通となる。カラーはHF M52がブラックとレッド、HF M51がシルバーとレッドをラインナップ。従来モデルより小型・軽量化を実現し、体積15%減、質量10%減とした。

HF M52のみの機能

HF M52はWi-Fi(11b/g/n準拠)を内蔵し、DLNAサーバー機能も搭載。アドホック接続やWPSにも対応する。HF M52で撮影した映像をiPhoneに転送し、iPhone経由で動画共有サイトにアップロードして簡単に共有したり、リビングに居ながら書斎のPCへ動画データを保存したりすることが可能だ。DLNA経由で、DLNAプレーヤー機器からムービーカメラ内の動画を再生することもできる。

M52はWi-Fi内蔵

DLNAサーバー機能も備える


よく使う接続先を4つまで設定可能

ファイル転送先も簡単に選択できる
また、YouTubeやFacebookへ動画を簡単にアップロードできるiOSアプリ「Movie Uploader」(対応OSはiOS4.0〜4.3、iOS 5)も無償提供。Android版については、今後の市場動向を見つつ検討したいとのことだ。

アプリ「Movie Uploader」を使ったデモ

そのほか、HF M52のみ外付けHDDへのバックアップ機能を搭載。別売りのUSBアダプター「UA-100」を使って外付けHDDと本機を接続し、ダイレクトに動画を保存することができる。

両機種共通の機能

HF M51の側面部

アクセサリーシューなどを用意する


HF M52の側面部

HF M51とレイアウトは同じ
両機種とも撮像素子には1/3型 237万画素のHD CMOS PROセンサーを採用。こちらは業務用で採用したものと同じ、フルHD動画撮影に適したセンサーで、マイクロレンズとカラーフィルターの透過率を改善することで、感度が20%アップしたことが特徴。最低撮影照度(シャッタースピード1/30秒時)は1.5ルクスから1.2ルクスへ向上した。

動画撮影時の有効画素数は207万画素で、記録方式はAVCHDに加えMP4にも対応した。記録メディアは内蔵メモリーとSD/SDHC/SDXCで、シングルスロットとなる。

SDカードスロットは、従来のデュアルスロットからシングルスロットに変更(写真はM52)

AVCHD撮影/シナリオモード撮影/MP4撮影を選べる

ディスプレイは3型 約23万ドットのフルフラットタッチパネル液晶。タッチフォーカス/タッチ追尾/タッチ露出などの操作にも対応する。

レンズは焦点距離6.1-61mm、F値1.8-3.0で、光学ズーム10倍、デジタルズーム200倍が可能だ。

特徴のひとつは、手ブレ補正機能「マルチシーンIS」。歩き撮り時は「ダイナミックIS」、望遠時は低周波の揺れを抑える「パワードIS」、マクロ時は角度ブレ/シフトブレを補正する「マクロIS」、三脚撮影時は防振制御を停止する「三脚モード」と、4つのIS制御をカメラが自動的に切り替えてくれる。

また、撮影場面に合わせてシーンモードを指定すると、その場に合わせた最適な音声モードで記録できる「オーディオシーンセレクト」機能を搭載。標準設定の「スタンダード」のほか、音の広がりや音色を豊かに記録する「音楽」、正面に立った人の声をメインに記録する「スピーチ」、自然の音の広がりをクリアに集音する「森と野鳥」、風雑音や自動車走行音を低減する「ノイズカット」の5種類を用意する。シーンはタッチパネルでワンタッチ切り替えが可能だ。

「オーディオシーンセレクト」機能を搭載

音声はドルビーデジタル 2ch記録に対応。別売りのマイク「SM-V1」を使用すれば5.1ch記録も行える。

そのほか、「HF G10」などにも搭載している「シナリオモード」のプリセットテーマが10種類から13種類へ増加。具体的な撮影アドバイスを表示してくれる「撮影アシスト機能」や、付属のスタイラスペンで画面内をデコレーションできる「タッチデコレーション」機能、9種類のシネマルックフィルターなども引き続き備えている。

同梱ソフトとして、MP4動画/静止画をひとつのブラウザで管理・編集・共有できる「ImageBrowser EX」と、PIXERAの管理ソフト「VideoBrowser」「Network Utility」を用意。「VideoBrowser」ではYouTube/Facebookへの動画アップや外付けHDDへの保存、「Network Utility」ではWi-Fi経由でパソコンへデータ保存することができる。


■HF R31 ¥OPEN(予想実売価格70,000円前後)


HF R31
カラーはレッドとシルバーをラインナップ。昨年モデルより容積比で約20.8%の小型化を、そして部品点数15%削減により20gの軽量化を実現している。

内蔵メモリーは32GB。撮像素子には1/4.85型 約328万画素のHD CMOSセンサーを採用。こちらはマイクロレンズの透過率を改善することで約3%の感度向上を実現したほか、独自のオンチップノイズリダクションによりクリアな映像撮影が可能だという。

レンズは焦点距離2.8-89.6mm、F値1.8-4.5で、光学ズーム32倍、デジタルズーム1,020倍が可能だ。

動画撮影時の有効画素数は207万画素で、記録方式はAVCHDに加えMP4にも対応した。記録メディアは内蔵メモリーとSD/SDHC/SDXCで、シングルスロットとなる。

ディスプレイは3型 約23万ドットのフルフラットタッチパネル液晶。タッチフォーカス/タッチ追尾/タッチ露出などの操作にも対応する。また、音声はドルビーデジタル 2ch記録に対応。別売りのマイク「SM-V1」を使用すれば5.1ch記録も行える。

本機も手ブレ補正機能「マルチシーンIS」を搭載。歩き撮り時は「ダイナミックIS」、望遠時は低周波の揺れを抑える「パワードIS」、マクロ時は角度ブレ/シフトブレを補正する「マクロIS」、三脚撮影時は防振制御を停止する「三脚モード」と、4つのIS制御をカメラが自動的に切り替えてくれる。

そのほか、「HF G10」などにも搭載している「シナリオモード」のプリセットテーマが10種類から13種類へ増加。「撮影アシスト機能」や「タッチデコレーション」機能、7種類のシネマルックフィルターなども引き続き備えている。

同梱ソフトとしては、こちらも「ImageBrowser EX」と、PIXERAの管理ソフト「VideoBrowser」「Network Utility」を用意している。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルメモリームービー
  • ブランドCANON
  • 型番HF M52
  • 発売日2012年3月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格85,000円前後)
【SPEC】●記録メディア:内蔵メモリー32GB、SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●映像記録規格:AVCHD/MP4(MPEG-4 AVC/H.264) ●撮像素子:1/3型237万画素 HD CMOS PROセンサー ●撮影レンズ:光学10倍 ●液晶モニター:フルフラットタッチパネル液晶(3型、約23万ドット) ●外形寸法:約68W×64H×121mm ●質量:約365g(撮影総質量)
  • ジャンルメモリームービー
  • ブランドCANON
  • 型番HF M51
  • 発売日2012年3月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格80,000円前後)
【SPEC】●記録メディア:内蔵メモリー32GB、SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●映像記録規格:AVCHD/MP4(MPEG-4 AVC/H.264) ●撮像素子:1/3型237万画素 HD CMOS PROセンサー ●撮影レンズ:光学10倍 ●液晶モニター:フルフラットタッチパネル液晶(3型、約23万ドット) ●外形寸法:約68W×64H×121mm ●質量:約365g(撮影総質量)
  • ジャンルメモリームービー
  • ブランドCANON
  • 型番HF R31
  • 発売日2012年3月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格70,000円前後)
【SPEC】●記録メディア:内蔵メモリー32GB、SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●映像記録規格:AVCHD/MP4(MPEG-4 AVC/H.264) ●撮像素子:1/4.85型328万画素 HD CMOSセンサー ●撮影レンズ:光学32倍 ●液晶モニター:フルフラットタッチパネル液晶(3型、約23万ドット) ●外形寸法:約54W×55H×115mm ●質量:約280g(撮影総質量)

関連記事