手ブレ補正「ダイナミックモード」新設

キヤノン、64GBメモリー内蔵のダブルメモリービデオカメラ「HF S11」「HF21」を発売

Phile-web編集部
2009年07月16日
キヤノンは、AVCHD方式のビデオカメラ新製品として、“iVIS”「HF S11」「HF21」の2機種を8月上旬に発売する。価格はいずれもオープンだが、HF S11は15万円前後、HF21は13万円前後での販売が予想される。

左:「HF21」 右:「HF S11」

なお同社では、8月6日〜31日の期間に両機のいずれかを購入すると、10,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施する。

■両機種共通の特徴

「HF S11」は今年2月に発売した「HF S10」の、「HF21」は同じく「HF20」の、それぞれ後継機種という位置づけで、外観もほぼ同一。HF S11は高画素のCMOSやアクセサリーシューを装備したフラグシップモデル、HF21は小型筐体で340gという軽量さが特徴のコンパクトモデルとして訴求する。

両機種とも内蔵メモリーとSDHCカードスロットを装備したダブルメモリータイプのAVCHDビデオカメラで、内蔵メモリーの容量を従来の32GBから64GBに倍増させたのが大きな特徴となる。また光学式手ブレ補正のレンズシフト範囲を広げた「ダイナミックモード」を新設し、歩き撮り時などの手ブレを大幅に低減した。

記録モードには約24MbpsでフルHD録画する「MXP」モードを採用。そのほかHD記録モードとして「FXP(約17Mbps)」「XP+(約12Mbps)」「SP(約7Mbps)」「LP(約5Mbps)」を用意している。なお、内蔵64GBメモリーに記録する場合、最高画質のMXPモードでは約5時間55分、最長録画ができるLPモード時では約24時間30分の録画が行える。

同社製品の特徴に、AFを外側センサーを用いたTTL方式で行うため、合焦スピードが速いことが挙げられる。同社ではこれを「ハイスピードAF」として訴求。また、顔認識機能「フェイスキャッチテクノロジー」についても、他社の類似機能では横顔になったときに認識が外れることがあるが、同社の追尾機能では認識を継続できるため、この点も優位点としてアピールする。

さらに、シーンモードに「夜景」を追加。照明が綺麗に見えるよう、ゲインやガンマ、色合いを調整する。従来難しかった点光源の表現も安定して行えるという。

シーンモードに「夜景」を追加した

またワンアクションで静止画/動画撮影が切り替わる「デュアルショットモード」、バッファメモリに常時動画を3秒録画し撮影ボタンを押す3秒前の撮影チャンスまで遡って記録できる「プレREC」モード、撮影した動画を30枚/秒の連続した2メガの静止画に保存できる「あとから連写」などの各機能も搭載している。

なお、1ショット約4秒で自動で録画がストップし、あとからBGMを選択すると短い映像と音楽を気軽に再生できる「ビデオスナップ」機能も従来機から引き続き再生しているが、本機では再生時に好きなシーンを選んであとから1シーン約4秒の映像にする事も可能になった。

■iVIS「HF S11」

前機種から引き続き、859万画素の1/2.6型 フルHD CMOS「リアル8メガ HD CMOSセンサー」を搭載。レンズは光学10倍ズームの「HDビデオレンズ」、映像処理エンジンには「DiGIC DV III」を採用している。動画解像度は約900本。

HF S11

右手だけで様々な操作が可能なボタン/ダイヤル配置

また静止画と動画の同時撮影では、画素補間をすることなく8メガ静止画記録、6メガ同時撮影が可能となっている。

フラグシップ機ならではのこだわりの機能も用意している。本体レンズ下部にカスタムキー&ダイヤルを備えているほか、カラーピーキング、ゼブラパターンなどの機能も装備する。さらに、別売りのリモートコントロールアダプターをアクセサリーシューに装着し、リモコンで録画や停止、ズームなどの操作を行うこともできる。

上部にスライド式のシューを装備

別売りのリモートコントロールアダプターを装着したところ

■iVIS「HF21」

340gと軽量な筐体を実現したコンパクトモデル。撮像素子は1/4型3,3メガ フルHD CMOSセンサーで、レンズは光学15倍ズーム。映像処理エンジンはHF S11と同じく「DiGIC DV III」を装備している。

「HF21」

ビットレート約24MbpsのMXPモード、ハイスピードAF、光学式手ブレ補正(ダイナミックモード)など、フェイスキャッチテクノロジーなどHF S11と同様の機能を装備。

上から見たところ

後ろから観ても、HF S11に比べ小型なことがわかる

また4月下旬に発売した防水ケース「WP-V1」(関連ニュース)の使用も可能。浜辺やプールサイドなどでの使用に適した「水上モード」と、水中撮影に適したホワイトバランスに調整する「水中モード」の両モードが使用でき、防水モードを装着したままで両モードを切り替えることができる。

「WP-V1」を装着したところ。水深40mまでの撮影が可能

電源ボタンとPHOTOボタンを同時に押すことで水中/水上モードの切替が行える

【問い合わせ先】
キヤノンお客様相談センター
TEL/050-555-90003

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルメモリームービー
  • ブランドCANON
  • 型番HF S11
  • 発売日2009年8月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格150,000円前後)
【SPEC】●記録メディア:内蔵メモリー64GB、SD/SDHCメモリーカード ●映像記録規格:AVCHD(ハイプロファイル対応) ●撮像素子:1/2.6型CMOSセンサー(総画素数:約859万画素) ●撮影レンズ:光学10倍(デジタルテレコン 約1.7倍) ●液晶モニター:2.7型 22.1万画素ワイドカラー液晶 ●入出力端子:HDMIミニ、USB、外部マイク入力、ミニAV、ヘッドホン端子ほか ●消費電力:3.6W ●外形寸法:70W×69H×136Dmm ●質量:約450g(本体のみ)
  • ジャンルメモリームービー
  • ブランドCANON
  • 型番HF21
  • 発売日2009年8月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格130,000円前後)
【SPEC】●記録メディア:内蔵メモリー64GB、SD/SDHCメモリーカード ●映像記録規格:AVCHD ●撮像素子:1/4型CMOSセンサー(総画素数:389万画素) ●撮影レンズ:光学15倍 ●液晶モニター:2.7型ワイドカラー液晶 ●入出力端子:HDMIミニ、USB、外部マイク入力、ミニAV、ヘッドホン端子ほか ●消費電力:3.6W ●外形寸法:70W×60H×124Dmm ●質量:約340g(本体のみ)

関連記事