オートフォーカス最短0.1秒を実現

リコー、AF合焦速度を更に高めたコンデジ「CX6」

ファイル・ウェブ編集部
2011年11月15日
(株)リコーは、オートフォーカス最短0.1秒を実現したコンパクトデジタルカメラ「CX6」を12月3日より発売する。価格はオープンだが、45,000円前後での販売が予想される。カラーはブラック/シルバー/ピンクの3種類。

CX6

「CX6」は、前モデル「CX5」に搭載されたハイブリッドAFシステムをハード面・ソフト面から改良した新システムを搭載し、広角28mmだけではなく望遠300mm撮影時もAF合焦時間最短0.1秒を実現したのが大きな特徴。連写メニューにもAF連写を追加し、動きの速い被写体でも毎秒最大3コマの連写スピードでピントを合わせ続けられるという。

撮像素子は1/2.3インチの裏面照射型CMOSで、カメラ部有効画素数は約1,000万画素。レンズは7群10枚で、F値は3.5〜5.6。10.7倍の光学ズームが可能なことに加え、「超解像ズーム」にも対応。画像の輪郭やディテール、グラデーションを自動的に見分けて最適な処理を行うことで、解像感の高い画像記録ができるという。超解像はOFF/弱/強から設定可能。光学ズームと超解像ズームを併用すると最大21.4倍ズームまで対応する。

CMOSセンサーから出力された信号にいち早くノイズ対策を行うノイズリダクション機能を搭載。ノイズ軽減量を「MAX」に設定している時は、分散推定式の高度なノイズ低減処理が可能だという。

また、モードダイヤルに「絞り」と「シャッタースピード優先」モードを追加。さらに本体にはCXシリーズで初めて動画撮影用レリーズボタンを追加し、撮影の自由度を高めている。

モードダイヤルに「絞り」と「シャッタースピード優先」モードを追加

撮影モードとしては、「クリエイティブ撮影モード」に、コントラストを強調し彩度を抑えた画像を記録できる「ブリーチ バイパス」を追加した。

背面のディスプレイは3.0型 123万ドットのVGA液晶モニターを採用。CX5より約1.7倍明るいモニターで、屋外での視認性を更に向上させたとのことだ。ディスプレイ表面には汚れ防止のフッ素コートやキズ防止のハードコート、反射防止のARコートを施している。

背面のディスプレイは3.0型 123万ドットのVGA液晶モニターを採用

記録媒体はSD/SDHCメモリーカード、内蔵メモリー(約40MB)、Eye-Fiカードの使用に対応する。



【問い合わせ先】
リコー お客様相談センター
TEL/0120-000-475

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドRICOH
  • 型番CX6
  • 発売日2011年12月3日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格45,000円前後)
【SPEC】●カメラ部有効画素数:約1,000万画素 ●撮像素子:1/2.3型CMOS(総画素数 約1060万画素) ●画像モニター:3.0型 透過型液晶 約123万ドット ●外部インターフェース:USB2.0 (High-Speed USB)、HDMIマイクロ出力端子(Type D)●外形寸法:103.9Wx58.9Hx28.5Dmm(最薄部23.1mm(奥行き)) ●質量:約201g(付属電池およびSDメモリーカードを含む)

関連記事