人気のUSBオーディオ機器

シンタックス、RME「Babyface」にブルー/ピンク/ホワイトモデルを追加

ファイル・ウェブ編集部
2011年11月04日
シンタックスジャパン(株)は、RMEのUSBオーディオインターフェース「Babyface」に3色の新色を追加。11月25日から順次発売する。価格はオープンだが69,800円前後での販売が予想される。

これまでBabyfaceのカラバリはメタリック・シルバーのみだったが、新たにメタリック・ブルー、パステル・ピンク、スノー・ホワイトの3色を追加する。ブルーとピンクは11月25日、ホワイトは12月上旬の発売を予定する。なおピンクとホワイトは数量限定販売。

メタリック・ブルー

パステル・ピンク


スノー・ホワイト

既存のメタリック・シルバー

さらにピンクとホワイトには、ボディカラーにマッチする専用のホワイトカラー・ケーブルと、ホワイトのRCAケーブルを同梱。XLRケーブルも用意されるが、こちらはブラックとなる。

専用のホワイトカラー・ケーブル

関連記事