高効率アルミ材を採用

パナソニック、45型のBS・110度CSデジタルアンテナを発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月20日
パナソニック デジタルAVCマーケティング本部は、45型のBS・110度CSデジタルアンテナ「TA-BCS45R2」を12月7日に発売する。価格はオープンだが10,500円前後での販売が予想される。

「TA-BCS45R2」(左)と、取付用金具がセットになった「TA-BCS45RK2」

雑音指数0.45dB(標準)の低雑音コンバーターを搭載し、BS・110度CSデジタル放送を鮮明に受信できると同社では説明している。

パラボラ反射鏡には高効率アルミ材を採用し、マウント部は溶融亜鉛メッキ処理を施すなど耐候性の向上も図り、海岸(塩害)地域での使用も可能としている。

また、TA-BCS45R2にべランダ・壁面取付金具キットなどを同梱した「TA-BCS45RK2」も同時発売する。こちらも価格はオープンだが、13,200円前後での実売が予想される。

TA-BCS45R2の寸法は467W×574H×492Dmm、質量は約1.6kgで、取り付けを簡単に行えるよう軽量・コンパクト設計としている。TA-BCS45RK2の方は、コンバーター出力端子の防水処理も簡単に行える仕様となっている。

【問い合わせ先】
パナソニック お客様ご相談センター
TEL/0120-878-365

関連記事