新機能「ANDROID BEAM」。カメラ機能も強化

Google、Android 4.0「Ice Cream Sandwich」を発表

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月19日
Googleは、最新のスマホ/タブレット向けOS、Android 4.0(コードネーム:Ice Cream Sandwich)を日本時間10月19日に発表した。

シンプルで直感的なジェスチャーで操作が可能となるよう、ホームデザインやマルチタスクの表示形式などUI全体を大幅に刷新。また、「ホーム」「戻る」などのボタンは全てソフトキーにした。顔認識ロック解除機能にも対応する。

標準搭載のカメラ機能も大きく強化している。端末のロック画面からすぐにカメラ起動を行えるほか、アルバム内の表示UIも見やすく刷新されている。撮った写真をタップし、簡単に編集やメール添付、SNS投稿が行えるようになった。パノラマ写真撮影機能も追加された。

パノラマ写真イメージ。画面下にフォルダ内の撮影データが表示されている。画面右にはソフトキーになった「ホーム」「戻る」ボタンが表示

動画は1080p撮影が可能。コンティニアスAFや撮影中のズームにも対応している。タイムラプス撮影や、ビデオスナップショットも行える。

動画は1080p撮影をサポートする

NFC技術による新機能「ANDROID BEAM」が加わったことも特徴。2台のAndroid 4.0搭載端末を背中あわせでくっつけて操作すると、片方の端末で表示中のブラウザ画面や地図、音楽/動画などがもう片方の端末に転送される。

2つのデバイス間でデータの共有を行う「ANDROID BEAM」

そのほか、「PEOPLE APP」と題し、Gmailや電話帳、SNSなどのシステム全体でユーザーのプロフィールや連絡先をリンクさせる機能も強化。例えば電子メールの着信画面から、差出人のtwitterプロフィールを確認したり、Google+のCircleに追加するといったことができる。また、「設定」には各アプリのデータ通信量をグラフで確認できる仕様も加わる。

Android 4.0は、Googleとサムスン電子が開発した新モデル“Galaxy Nexus”に搭載される。国内では11月にドコモからの発売が予定されている(関連ニュース)。

関連記事