女性向けスマホもラインナップ

【情報追加】ソフトバンク、ULTRA SPEED対応「ULTRA PHONE」などスマホ11機種を発表

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 次のページ

2011年09月29日
ソフトバンクモバイルは、2011年冬〜2012年春にかけて発売する新製品群を発表した。


今回の新製品のうち、注目なのは下り最大21Mbpsの高速データ通信サービス「ULTRA SPEED」に対応したモデル4機種で、孫氏は「ULTRA PHONE」と紹介した。


ソフトバンクの孫正義代表

「ULTRA PHONE」としてアピール
ULTRA SPEEDに対応しているのは、AQUOS PHONE”「104SH」、“LUMIX Phone”「101P」、“AQUOS PHONE”「102SH」、“HONEY BEE”「101K」の4モデル。孫氏は「まだ回線が混んでいないので、快適な通信が楽しめる。カバーエリアも広い」とアピールした。なお、ULTRA SPEED対応スマートフォンのテザリングについて孫氏は「検討中」とした。


「ULTRA PHONE」4機種
なお、今回発表された全機種が防水・防塵モデルで緊急地震速報に対応。OSは、後述の“AQUOS PHONE”「104SH」以外は全て発売時点でAndroid 2.3を搭載する。

「ULTRA PHONE」4機種

■“AQUOS PHONE”「104SH」

シャープ製の“AQUOS PHONE”「104SH」はハイスペックモデルという位置づけで、2012年春頃の発売を予定。Androidの「次世代プラットフォーム」を搭載する。高い性能を備えながら、3.89mmの狭ベゼル、厚さ8.6mmという薄さもあわせて実現した。カラーはオレンジ×ブルー/ブルー×ブラックの2種類。

“AQUOS PHONE”「104SH」を持つ孫氏

“AQUOS PHONE”「104SH」


厚さ8.6mmという薄さ
プロセッサーはTIの1.5GHz デュアルコアCPUで、ディスプレイは4.5インチのHD(1,280×720ドット)。1,210万画素のカメラを搭載し、フルHDの動画撮影に対応している。30万画素のインカメラも備えている。


側面カラーの異なる2色をラインナップ

30万画素のインカメラも備えている
従来のシャープ製端末と同じくDLNA機能対応で、シャープの液晶テレビ“AQUOS”との連携がさらに強化。AQUOSとDLNA連携することで、放映中の地デジ放送をリアルタイム視聴することが可能となっている。なお、ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信といったいわゆるガラケー機能には非対応となる。

そのほか、バッテリー消費を抑える「エコ技」機能を搭載し、バッテリーの消費を同社の従来機種と比較して最大50%ダウンさせた。孫氏は「スマホユーザーに不満点を訊ねると、大体バッテリーの持ちが悪いという答えが返ってくるので、この点の改善に取り組んだ。104SHは、長持ちして薄いという特長を備えるモデルだ」と語った。

■“LUMIX Phone”「101P」

パナソニックモバイル製の“LUMIX Phone”「101P」は、1,320万画素のセンサーを搭載しカメラ機能を高めたモデル。2011年11月中旬以降に発売する。カラーはメロウゴールド/マゼンタ/ブラック。


“LUMIX Phone”「101P」

ホーム画面
画像処理エンジン「ヴィーナスエンジン」も搭載。1,920×1,080のフルHD動画撮影にも対応する。また、撮影した写真を直感的なタッチ操作でSNS投稿やメール添付したり、Wi-Fi経由でDLNA対応機器にすばやく転送したりできる「ピクチャジャンプ」や、写真を自動で人物別などに分類する「ピクチャセレクタ」などの機能も搭載している。


ホーム画面のアイコンをラウンド状に表示して操作できるフィットキー機能

撮影した写真を直感的なタッチ操作でSNS投稿したりメール添付したりできる「ピクチャジャンプ」
液晶は960×540ドットの約4インチTFT。プロセッサーは1GHzのデュアルコアCPU「OMAP4430」。おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線機能なども装備。そのほか、ホーム画面のアイコンをラウンド状に表示して操作できるフィットキー機能や、手書き文字入力機能、バッテリー消費を抑える「エコナビ」機能も備えている。

エコナビ機能も搭載

手書き入力機能も

■“AQUOS PHONE”「102SH」

“AQUOS PHONE”「102SH」は4.5インチのHD液晶を搭載しているが、プロセッサーは上述の104SHよりクロック周波数が低い1GHzのデュアルコアCPU「OMAP4430」を搭載している。発売は2011年12月上旬以降を予定する。


“AQUOS PHONE”「102SH」
104SHと同じく1,210万画素カメラを搭載し、フルHD動画撮影に対応。光学手ぶれ補正機能も装備している。30万画素のインカメも搭載する。


液晶は4.5インチのHD液晶でフルHD動画撮影にも対応する

発表会場では、従来モデル「003 SH」(右)との画面比較も
さらに液晶テレビAQUOSとDLNA連携することで、放映中の地デジ放送を視聴することが可能。そのほか、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信機能といったいわゆるガラケー機能や、バッテリー消費を抑える「エコ技」も備えている。

■“HONEY BEE”「101K」

京セラ製の“HONEY BEE”スマートフォン。CPUは1.2GHzのデュアルコア「MP5225」を搭載する。本体細部にわたるポップなデザイン性にこだわった機種で、孫氏によれば「ターゲット層は10代の女性。および10代の心を持った女性」とのこと。

“HONEY BEE”「101K」

物理キーボードの押し心地も個性的


電池パックのデザインにもこだわっている
500万画素のメインカメラと200万画素のインカメラを備えており、10代女性に多い「自分撮り」のニーズにも配慮。いわゆるガラケー機能としては赤外線通信を備えているが、ワンセグやおサイフケータイは非搭載となる。

さらに、白戸家お父さんスマホやディズニーモバイルなど多彩なラインナップ!

前のページ 1 2 次のページ

関連記事