「生産計画の見直しのため」

ソニー、デジタル一眼レフ“α65”を11月11日に発売延期

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月06日

α65
ソニーは、デジタル一眼レフカメラ“α65”の発売日を変更。10月14日から、11月11日に延期すると発表した。同社は「生産計画の見直しのため」と説明している。

なお、これに伴い、別売りアクセサリーの液晶保護シート「PCK-LM2AM」「PCK-LS8AM」も11月11日へ、ズームレンズ「DT16-50mm F2.8 SSM」は12月発売へと延期される。

“α65”は撮像素子にはAPS-Cサイズの「“Exmor”APS HD CMOSセンサー」を搭載し、カメラ部有効画素数は約2,430万画素を実現した。画像処理エンジン「BIONZ」もより高画素化し、大容量化する情報を高速・高画質、低ノイズに処理できるようチューンナップされている。ボディ内手ブレ補正は、静止画撮影時にすべてのαレンズで効果が得られるイメージセンサーシフト方式を採用している。

ボディのコア部分に透過型ミラーを採用し、イメージセンサーとAFセンサーに常時光を供給することで、より高速・高精度なフォーカシングとライブビュー/動画撮影機能を実現する「Translucent Mirror Technology」を搭載している。

関連リンク

関連記事