更新ファームウェアは無料提供

デノン、BDプレーヤー「DBP-1611UD」のDTCP-IP対応アップデートを実施

ファイル・ウェブ編集部
2011年09月30日

DBP-1611UD
デノンは、3D再生に対応したBDプレーヤー「DBP-1611UD」にDTCP-IP対応を付加するファームウェアアップデートを9月30日から実施する。

今回のアップデートを行うことで、本機がDTCP-IP対応となり、レコーダーやNAS、PCなど家庭内のDLNA対応のネットワーク機器に保存した著作権保護付きのデジタル放送の番組を、ネットワーク経由で本機から呼び出して再生・視聴できるようになる。

なお、動画はDR/TSなどのダイレクト録画モード、音声はAAC、ドルビーデジタルのフォーマットに対応しており、長時間録画モードで録画した番組については再生できない場合もあるという。

ファームウェアアップデートの実施方法については、9月30日以降に本機をインターネットに接続して、メニュー画面の「ファームウェア更新」から最新版にアップデートするかたちとなる。


【問い合わせ先】
(株)ディーアンドエムホールディングス
TEL/044-670-6612

関連記事