東日本大震災の影響で

マランツ、「UD7006」の発売を4月下旬に延期

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月28日
(株)マランツ コンシューマー マーケティングは、Blu-ray 3Dの再生にも対応したSACD/BDプレーヤー「UD7006」(関連ニュース)の発売を、当初予定の3月から4月下旬に延期する。

UD7006

延期するのは東日本大震災の影響により、開発や生産に遅れが生じているため。

「UD7006」はSACDやDVDオーディオ、Blu-ray 3D、USBメモリ、AVCRECやAVCHD方式で記録したディスクなど多彩なメディアが再生できることに加え、DLNAのDMPとしても機能するプレーヤー。後日ファームアップによりDTCP-IPにも対応を予定する。

7.1chアナログオーディオ出力を備えていることも特徴で、回路は全チャンネル同一の回路構成・パーツグレードという高音質再生対応を実現。外観は同社製品の特徴であるM-1デザインを採用している。

【問い合わせ先】
マランツ コンシューマー マーケティング
お客様ご相談センター
TEL/03-3719-3481

関連リンク

関連記事