音展2011の「体験!ライブレコーディング生録会」にポップクラシックの人気女性トリオ「朱雀」登場!

ピュアオーディオ本部
2011年09月14日
「オーディオ&ホームシアター展 TOKYO 2011」が10月21日〜23日に開催される。

その中で特に注目したいイベントが、毎年恒例の「体験!ライブレコーディング生録会」だ。今年の出演はポップクラシックの人気女性トリオ「朱雀」ということで、これは話題になること必至。

ポップクラシックの人気女性トリオ「朱雀」

「朱雀」はTVなどで人気のヴァニラムードのメンバーYui(バイオリン)、同じくヴァニラムードのMariko(チェロ)、プロデューサーのMaki(ピアノ)というトリオでで、ライトクラシックからジャズ、ポップまで多彩な演奏を繰り広げる。

コンサートの参加方法は下記の通り。またハンディタイプのデジタルレコーダーを持参したり、当日会場に用意されている最新のハンディデジタル録音機を借りての録音参加も可能。録音参加の場合は千円の参加料が必要となる。優雅でパワフルな「朱雀」の貴重な生音源の収録や、新しいデジタル録音機に触れるチャンスである。

会場は冨士ソフトアキバビル・5Fアキバホール。録音S席(3,000円)20席(売り切れ)、録音A席(1,000円)40席、コンサートへの参加は100席(東日本大震災募金が参加条件)。

席のリザーブ、参加方法等は日本オーディオ協会のホームページを参照されたい。録音A席、コンサートのみの参加、ともに空席があるとのこと。

イベント協賛メーカーはオリンパスイメージング株式会社、株式会社コルグ、株式会社ズーム、ソニー株式会社、ティアック株式会社、ローランド株式会社、ヤマハ株式会で、下記のモデルを中心とした体験貸出機が多数用意されるのにも注目だ。

■貸出体験機の一部

ローランド R05
コルグ MR2
タスカム DR07MK II
ソニー PCM-D50
オリンパス LS-7
ヤマハ POCKETRAK W24
ズーム H2Next

関連記事