「テレビでネット」にも対応

パナソニック、3D対応プラズマ“VIERA”「VT3」「GT3」に65V/55V型を追加

ファイル・ウェブ編集部
2011年08月25日
パナソニック(株)は、3D対応のプラズマテレビ“VIERA”シリーズにラインナップする「VT3」シリーズの65V型モデル、「GT3」シリーズの55V型モデルを、それぞれ9月9日に発売する。

「TH-P65VT3」

「TH-P55GT3」

価格はオープンだが、65V型「TH-P65VT3」が63万円前後、55V型「TH-P55GT3」が35万円前後で販売される見込み。

VT3シリーズはプラズマテレビ“3D VIERA”のフラグシップモデル。今春から先行して50/46/42V型のモデルが発売されている。最新世代の「フル・ブラックパネルII」を搭載して、黒色の表現力をさらに高め、質感の高い映像を実現したという。ネイティブコントラストは「500万対1」。短残光の「高密度蛍光体」や、新たな発光制御技術によりクロストークを抑えた高品位な3D映像再生も特長としている。

また外付USB-HDDやSDメモリーカードへの番組録画機能や、テレビをインターネットに接続して様々なVODサービスやネットショッピングが楽しめる「テレビでネット」にも対応した。ビエラコミュニケーションカメラ「TY-CC10W」を接続すれば、Skypeのビデオ通話も行える。同社独自の節電機能である「エコナビ」への対応や、年間消費電力量を同社従来製品よりもより低減させるなど、エコ性能も高められている。

GT3シリーズは、同社新開発の3D対応「ブラックパネルII」を採用したプラズマテレビのミドルレンジモデル。既存のサイズ展開には50/46/42V型がある。本機もネイティブコントラスト値が「500万対1」となり、引き締まった黒色表現を特長としている。上位機のVT3と同じ、高密度蛍光体や発光制御技術により、3Dもクロストークを抑えたクリアな映像が楽しめる。外付USB-HDDやSDメモリーカードへの番組録画、並びに「テレビでネット」の機能については本機でもサポートされている。

また両シリーズともに2D映像のリアルタイム3D変換機能を備えるほか、音響面では「バーチャル3DサラウンドシステムII」を搭載し、テレビ本体のスピーカーだけで広がりの豊かなバーチャルサラウンド再生も楽しむことができる。パナソニックの機器どうしによる連携機能はBDレコーダー「DIGA」シリーズとの組み合わせなど、「ビエラにリンク」対応で簡単で便利な操作性を実現している。

【問い合わせ先】
パナソニック お客様ご相談センター
TEL/0120-878-365
新着記事を見る
  • ジャンルプラズマテレビ(ディスプレイ)
  • ブランドPANASONIC
  • 型番TH-P65VT3
  • 発売日2011年9月9日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格630,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:65V型 ●画素数:1,920×1,080 ●コントラスト比:500万対1 ●受信チャンネル:地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタル ●音声実用最大出力:総合22W(JEITA) ●入出力端子:HDMI×3、D4入力×1、ビデオ入力×2、D-Sub15ピン入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン出力 ×1、LAN端子(10BASE- T/100BASE-TX)×1、USB端子×3 ほか ●定格消費電力:535W ●外形寸法:1572W×994H×400Dmm(スタンドあり) ●質量:約63.0kg(スタンドあり)
  • ジャンルプラズマテレビ(ディスプレイ)
  • ブランドPANASONIC
  • 型番TH-P55GT3
  • 発売日2011年9月9日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格350,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:55V型 ●画素数:1,920×1,080 ●コントラスト比:500万対1 ●受信チャンネル:地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタル ●音声実用最大出力:総合20W(JEITA) ●入出力端子:HDMI×2、D4入力×1、ビデオ入力×2、D-Sub15ピン入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン出力 ×1、LAN端子(10BASE- T/100BASE-TX)×1、USB端子×3 ほか ●定格消費電力:458W ●外形寸法:1324W×849H×387Dmm(スタンドあり) ●質量:約39.0kg(スタンドあり)

関連記事