米Sony、タッチパネル搭載/ワイヤレス対応モデルなど新“Walkman”3機種を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年07月28日
米Sony Electronicsは、"Walkman"の新モデル3機種を9月に発売する。ラインナップは下記の通り。

・「NWZ-A860」 8GB/179ドル 16GB/219ドル
・「NWZ-S760BT」 8GB/149ドル
・「NWZ-E460」 4GB/79ドル 8GB/89ドル 16GB/109ドル

3機種ともソニー独自の”Clear Audio Technologies”を搭載。音声録音機能、歌詞表示機能、カラオケモード、言語学習機能のほか、ユーザーが自分のチャンネルを作れる「SensMe」機能にも対応している。iTunesおよびWindows Media Playerから、音楽・写真などのファイルをドラッグ&ドロップして本機に転送することができる。

「NWZ-A860」は、2.8インチのWQVGA(400x240)TFT液晶を搭載するモデルで、タッチパネルに対応するのは今回発売機種の中で本機のみ。Bluetoothに対応し、ワイヤレスでの音楽再生機能と静止画共有機能に対応した点が特徴。「Photo Transfer 機能」により、本機以外のBluetooth対応機機とBluetooth通信を介して静止画ファイルを共有することができる。

NWZ-A860

ソニー独自の音声テクノロジー「Dynamic Sound Enhancement Engine」を採用するほか、新技術「S-Master MXデジタル・アンプ」を搭載し、雑音と歪曲を低減する。

「NWZ-S760BT」は2インチのQVGA(320x240)液晶を備えるモデルで、カラーはブラック/ホワイトの2色展開となる。上述のNWZ-A860と同様にワイヤレス機能に対応し、本体にはBluetoothヘッドホンが付属する。「Photo Transfer 機能」にも対応する。楽曲再生可能時間は最大50時間で、動画再生時間は最大10時間。

NWZ-S760BT

エントリーモデルとなる「NWZ-E460」は、QVGA(320x240)の液晶を搭載。カラーはブラック/レッド/ブルー/グリーン/ピンクの5色を用意している。電源はリチウムイオンバッテリーを搭載。音楽再生可能時間は最大50時間、動画再生時間は最大10時間としている。FMラジオチューナーも装備。Bluetooth機能には対応しない。

NWZ-E460

関連記事