総務省、「地デジ難視対策衛星放送」の申し込みを6月1日より受付開始

ファイル・ウェブ編集部
2011年05月31日
総務省および全国地上デジタル放送推進協会(Dpa)は、アンテナ工事の遅延等でアナログ放送停波時に地デジ放送を受信できない世帯を対象とした「地デジ難視対策衛星放送」の一時利用の申し込みを、明日6月1日より受け付ける(関連ニュース)。

一時利用の内容は、居住地等で視聴可能な放送と同系列の東京地区の地デジ放送を無料視聴できる。視聴可能期間は約半年で、必要に応じて延長が可能。BSデジタル放送の受信に必要なBSアンテナや対応受信チューナーは個人負担となる。

申し込み手続きは所定の書類提出により行い、必要書類は自治体/家電販売店/デジサポ等で入手可能。受付期日は7月31日までとなっている。

なお、東日本大震災の被災地域を対象とした申し込み受付を4月7日より先行実施してきたが(関連ニュース)、こちらは当該地域におけるアナログ停波期日まで申し込みを受け付けている。

【問い合わせ先】
地デジ難視対策衛星放送受付センター
TEL/0570-08-2200(IP電話等からは 045−345−0522)

関連リンク

関連記事