PC−スマホ/タブレット間の接続アプリも

エー・リンク、「McTiVia」を機能拡充 − スマホ/タブレットからの映像もTVへWi-Fi転送可能に

ファイル・ウェブ編集部
2011年06月28日

McTiVia
エー・リンク(株)は、テレビとパソコンをWi-Fi接続できる台湾AWIND社の製品「McTiVia(マックティビア)」(関連ニュース)の機能を拡充。スマートフォン内の映像をWiFiで転送してテレビに映し出せるアプリ「PhotoSender」を無料で利用できるようにした。

iOS端末(iOS 3.2以上)、Android端末(Android 2.1以上)、BlackBerry端末(BB OS 5.0以上)に対応。インストールすることで、それらからの映像をテレビの大画面へワイヤレスで映し出すことができるようになる。

さらに、パソコンからiPadなどへ信号をWi-Fi転送できるアプリ「MirrorOp Receiver」も公開。価格は9.99ドルだが、McTiViaユーザーは無料で利用できる。

同アプリは、iOS端末(iOS 3.2以上)、Android端末(Android 2.1以上)、Windows端末(Windows XP以上)に対応。デスクトップPCで再生した動画をタブレット端末で視聴するなどといった使い方ができる。

なお、今回の機能拡充に伴って価格改定も実施。現在のキャンペーン価格を終了し、7月21日から希望小売価格を18,900円(税込)へと変更する。また、7月21日から8月31日までは特別期間として、購入者全員に対してHDMIケーブル(2m)を無償添付するキャンペーンを実施する。

関連リンク

関連記事