デジタル放送の録画機能も搭載

アイ・オー、デジタルチューナー搭載ネットワークメディアプレーヤー「HVT-BCT300」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年01月07日
(株)アイ・オー・データ機器は、本体に地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載したネットワークメディアプレーヤー「HVT-BCT300」を2月中旬に発売する。価格は税込で27,720円。


HVT-BCT300
本機は“AVeL Link Player”「AV-LS700」(関連ニュース)のネットワークプレーヤー機能をベースに、地上・BS・110度CSデジタルチューナー1基を搭載、外付けUSB HDDへのデジタル放送の録画にも対応した製品となっている。なお発売と同時に地上デジタル、BSデジタル放送の録画は行えるが、CSデジタル録画は2010年内の対応を予定している。

デジタル放送の視聴や録画予約はEPGから行える。保存されるファイルの形式は独自の暗号化技術により著作権保護をかけたMPEG-2 TSファイルとなる。外付け機器への録画はUSBマスストレージクラス対応の製品であればHDD以外のメモリースティックなどにも録画が行える。USB HDDにはバスパワーで電源を供給できる。

アンテナ端子は入出力ともに2系統ずつを備え、本体にアンテナ分配機を搭載したことにより、地デジ対応テレビで放送を視聴しながら、本機からUSB機器へ録画を同時に行うこともできる。本体の電源がスタンバイ状態であればスルー入出力が可能だ。

本体にはハブ機能付きの2系統のLAN端子を搭載する。本機をインターネットにつなぐことで、ネットワーク経由のコンテンツも楽しめるようになる。2010年3月にはアクトビラのVODサービスへの対応が予定されている。また近く投稿動画サイトの視聴機能追加も検討されているという。さらに本機はDLNA/DCTP-IPに対応しており、同じ機能に対応するホームネットワーク上のPCやHDDレコーダーに録画した地デジの番組などを、本機から呼び出して再生することもできる。なお、本機につないだLAN HDDへ直接デジタル放送の録画を行うことはできない。

DLNA/DCTP-IPへの対応により、ホームネットワーク上のコンテンツ再生が楽しめる

本機のGUI。高機能チップを搭載し、レスポンスの良い高速動作を実現している


付属のリモコン

LAN HDD内のコンテンツも選択して再生可能
またWindows 7に標準搭載された「Windows Media Player 12」に対応しているほか、「リモート再生機能」を使えばパソコンから本機を遠隔操作して、好みのコンテンツを再生することも可能だ。なお、本体には高機能チップを搭載し、レスポンスの良い高速動作を実現した点も特徴となる。


インターネットにつないでVODやネット動画の再生も楽しめる

動画共有サービスの視聴も手軽に行えるようになる
本体にはSDカードスロットを1系統搭載し、SDカード内に保存したAVCHD動画を含むファイルの再生が行える。また本機にUSB接続したビデオカメラのAVCHD動画も手軽に再生したり、USB HDDへ保存することが可能だ。


本体前面に設けられた入力端子

背面端子部。USB、LANともに2系統を備える
その他、Ver.1.3a対応のHDMI端子、D端子、コンポジット映像音声をそれぞれ1系統、USB端子を2系統搭載。HDMI CEC機能に対応し、テレビのリモコンからHDMI接続した本機の電源操作などが行える。

【問い合わせ先】
(株)アイ・オー・データ機器
インフォメーション デスク
TEL/03-3254-1076(東京)
TEL/076-260-3642(金沢)

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドI-O DATA
  • 型番HVT-BCT300
  • 発売日2010年2月中旬
  • 価格\27,720(税込)
●LANインターフェイス:10BASE-T/100BASE-TX ●USBコネクター:USB2.0/1.1×2系統 ●入出力端子:HDMI×1、D端子×1、コンポジット×1、光音声×1、アナログ音声×1 ●外径寸法:260W×55H×185Dmm ●質量:約1.3kg(本体のみ)

関連記事