スカパー!HD録画済み番組をネットワーク経由でダビングできる「スカパー!ダビング」が今夏スタート

ファイル・ウェブ編集部
2011年05月17日
スカパーJSAT(株)は、2011年夏頃を目処に、パナソニック製HDD内蔵DVR「TZ-WR320P」で録画した番組をネットワーク経由で外部機器にダビング(ムーブ/コピー)できる「スカパー!ダビング」を開始する。今夏にファームウェアが配布される予定だ。


これは、スカパー!HD録画対応HDD内蔵DVR「TZ-WR320P」に録画したスカパー!HD番組を、同一LAN内の対応録画機器にダビング(ムーブ/コピー)できる機能が追加されるというもの。BD/DVDレコーダーにダビングした場合は、ディスクにアーカイブ保存することもできる。

また、「スカパー!ダビング」に対応した録画機器では、ダビング送信/ダビング受信機能を使って機器間のダビングも可能。たとえば従来のスカパー!HD対応チューナーからNASなどに録画した番組を、ネットワーク経由で「スカパー!ダビング」対応機器にダビングすることもできるようになる。

「TZ-WR320P」からのスカパー!ダビングに対応する機器は、パナソニック製BDレコーダー「DMR-BWT3100」など。(株)東芝、(株)アイ・オー・データ機器、、シャープ(株)製の機器も今後ダウンロードで対応予定だという。

なお、「TZ-WR320P」のダビング機能の操作方法については6月下旬頃こちらのページにてアナウンスされる予定だ。

関連リンク

関連記事