ソニー、新たに2,460万人分の個人情報流出の可能性と発表 − 一部にカードのデータも

ファイル・ウェブ編集部
2011年05月03日
ソニー(株)は米国時間5月1日、同社グループのサーバーから、約2,460万のアカウント情報が流出した可能性があると発表した。一部にはクレジット/デビットカードのデータが含まれていた。

オンラインゲームのサービスを提供しているSony Online Entertainment LLC(SOE)が管理・運営しているシステムが、ハッカーの侵入を受け、4月16日から17日にかけて情報が流出した。

クレジットカードあるいはデビッドカードの情報が流出したのは、2007年当時のデータベースからで、約12,700件。米国以外の、オーストリア、ドイツ、オランダ、スペイン在住のユーザーのデータが盗まれた可能性があるという。流出した可能性があるのは、口座番号や口座名義、顧客氏名、顧客住所、電話番号、Eメールアドレス、性別、生年月日、ログインID、ハッシュ化されたパスワード。

このほか、約2,460万のSOEアカウントからも情報が流出した可能性があると発表。これには銀行口座の情報などは含まれておらず、氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス、性別、生年月日、ログインID、ハッシュ化されたパスワードが盗まれた可能性があるとしている。

SOEでは現在、自社が運営するすべてのサーバーを停止し、セキュリティシステムの再調査を行うとともに、アップグレード作業を継続している。

ソニーはすでに、PlayStation NetworkやQriocityのデータベースから、7,700万アカウント分の個人情報が流出した可能性があると発表している。合算すると1億を超えるアカウントの個人情報が流出した可能性があることになる。

ユーザーへの対応として、SOEが現段階で実施する内容は以下の通り。

・個人情報を保護するために必要なアイデンティティプロテクションサービス等のサポート(詳細については地域ごとに案内)
・サービス停止の日数に加え、30日の無料サービス提供
・DC Universe Online や Free Realms など、SOE 制作の PlayStation 3 用多人数参加型オンラインゲーム(MMO)に関するサポートの検討 (詳細は近日中に案内)

関連リンク

関連記事