2番組同時にチャプター分割できる機能などを搭載

東芝、録画機能や操作性を強化したBDレコーダー「RD-BZ810」など3機種を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年04月20日
(株)東芝は、BDレコーダー“REGZAブルーレイ”の新モデルとして、録画機能や操作性を強化した「RD-BZ810」など3機種を5月下旬より発売する。

 ・1TB「RD-BZ810」 ¥OPEN(予想実売価格11万5千円前後)5月下旬発売
 ・500GB「RD-BZ710」 ¥OPEN(予想実売価格10万円前後)5月下旬発売
 ・500GB「RD-BR610」 ¥OPEN(予想実売価格8万円前後)5月下旬発売

RD-BZ810

RD-BZ710


RD-BR610

3機種付属のリモコン(写真上)とシンプルリモコン(写真下)


2011年春夏のREGZAブルーレイラインナップ
昨年7月に発表されたRDシリーズのマイナーチェンジモデル(関連ニュース)。録画機能、ネットワーク機能、操作性を強化した点を特徴としている。

■録画機能

BZ810/BZ710は、地上/BS/110度CSデジタルチューナー2基を搭載する「W録」仕様。2番組同時にチャプター分割できる「Wマジックチャプター」機能を新たに搭載した。なおWマジックチャプターはVRモード録画時には使用できない。


RD-BZ810

RD-BZ810の背面部


RD-BZ710

RD-BZ710の背面部
BR610はシングルチューナー機。地上/BS/110度CSデジタル放送と「スカパー!HD」番組の2番組同時録画は可能となっている。

BZ810/BZ710は「W録」対応

2番組同時にチャプター分割できる「Wマジックチャプター」機能が追加された


RD-BR610

RD-BR610の背面部
3機種は外付けUSB-HDDへの録画機能を強化。増設可能なHDDの最大容量が、これまでの2TBから4TBに増えた。

また、MPEG-4 AVC/H.264によるフルHD長時間録画機能も進化。昨年モデルは約2.0MbpsのAEモードで最大約12倍までの対応だったが、新モデル3機種は約1.6MbpsのMNモードを使用して最大約15倍まで録画できるようになった。なお、上述の「W録」での2番組同時録画時にはMNモードは使用不可能。AEモード(2.4Mbps)以上での録画となる。


フルHD長時間録画は最大15倍まで対応
さらに、DR録画番組のAVCへのレート変換ダビング速度も向上。3.4Mbps〜17Mbpsでのダビング時は最大3倍速でのダビングが可能になった。

加えて、BD-REおよびファイナライズしていないBD-Rにダビングした著作権保護付き番組を、無劣化のままBDレコーダーの内蔵HDDへムーブできるようになった。これにより、一旦ディスク化した番組をHDDで再編集して再ディスク化したり、2枚のBD-Rにダビングした番組を1枚のBD-R DLにまとめて保存しなおすこともできる。従来機や他社製レコーダーでダビングしたディスクの書き戻しにも対応している。


録画番組書き戻し機能も新搭載
■ネットワーク機能

同社製液晶テレビ“REGZA”と組み合わせた「レグザリンク・ダビング」機能が進化。REGZAの対応機種となるZG2/Z2/ZP2シリーズ、CELLレグザX2/XE2シリーズのHDDに録画した番組を、BDやDVD1枚にぴったり収まるよう、自動で最適な画質レートを計算してダビングすることができるようになった。また、テレビ側で打ったチャプターもそのまま引き継ぐことができる。


自動的にBDやDVD1枚にぴったり収まるようダビングできる「ぴったりダビング」に対応
ビデオカメラからのAVCHD映像取り込みにも新たに対応。ビデオカメラをUSBケーブルで新モデルに接続すると「取込ナビ」が自動で起動。サムネイル形式で一覧表示された画面のなかから、残したいシーンを選んでHDDに取り込むことができる。シーンをチャプターとして、撮影日時をタイトルとして読み込むため、レコーダー側のHDD内でも管理や編集が容易なるメリットがある。


ビデオカメラからのAVCHD映像取り込みに対応

サムネイルから残したいシーンを選んで取り込める「取込ナビ」
■操作性

同時に2つの操作を行える機能が追加され、W録中のBD再生や、BDへのダビング中にHDD内の別番組を再生するなどの操作が実現した。録画予約の方法も簡便化。EPGから録りたい番組を選ぶだけで予約が入れられるようになった。

また、「見るナビ」や「編集ナビ」でのクイックメニューからBD/DVDドライブとUSB-HDDとの切り替えが可能になったことに加え、「編集ナビ」から録画タイトルをダビングする際、ダビング先として常時「USB-HDD」を選択できるようになり、さまざまな記録先の切り替えが簡単になった。


ダビング先として常時「USB-HDD」を選択できるようになった

さまざまなダビング先を簡単に切り替えられる
■再生能力

いずれもBlu-ray 3Dの再生に対応。また、独自の高画質技術「XDE」を進化させた「レゾリューションプラスXDE」を搭載。再構成型の超解像技術を搭載し、アップスケーリング時の画質を高めている。

【問い合わせ先】
東芝DVDインフォメーションセンター
TEL/0120-96-3755
新着記事を見る
  • ジャンルHDD+BD+DVDレコーダー
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番RD-BZ810
  • 発売日2011年5月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格11万5千円前後)
  • ジャンルHDD+BD+DVDレコーダー
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番RD-BZ610
  • 発売日2011年5月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格10万円前後)
  • ジャンルHDD+BD+DVDレコーダー
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番RD-BR610
  • 発売日2011年5月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格8万円前後)

関連記事