AVHCD映像の取り込みにも対応

東芝、VTR一体型3in1のBDレコーダー“REGZAブルーレイ”「D-BW500」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年02月03日
(株)東芝は、VTRを搭載した3in1タイプのBDレコーダー“REGZAブルーレイ”「D-BW500」を2月上旬に発売する。価格はオープンだが、7万円前後での販売が予想される。


D-BW500
本体に320GBのHDDを内蔵するほか、BDディスクの録画・再生機能とVTRを搭載している。VHSテープに記録した映像を、本体内でHDD/BD/DVDディスクにダビングして残すことが可能。ダビング時に画質の設定を変更することもでき、HDD/BD/DVDからVHSテープへの逆方向ダビングにも対応する。

チューナーは地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2系統、地上アナログを1系統搭載する。デジタル放送は内蔵HDDに2番組同時録画が可能。番組表から録画予約や、ジャンル別/キーワード/人名などから検索も可能。マジックチャプターやおまかせ自動録画の機能は非対応。

MPEG-4 AVCによる最大5.5倍の長時間録画も行える。また、DVDへAVCRECによるフルHD記録が楽しめるが、HD Recの録画・再生は行えない。

HDMI端子は1系統を備え、1080/24p出力やドルビーTrueHD、DTS-HD Master Audioのオーディオ出力にも対応する。同社の液晶テレビ“REGZA”とHDMIケーブルで接続することにより、本機の基本操作をテレビのリモコンで行えるレグザリンクに対応する。レグザリンク稼働時はテレビの番組表から本機への録画予約や、電源連動にも対応する。

本機の背面端子部

その他、BD/DVD/SDカード、またはUSBケーブル経由でAVCHDハイビジョンビデオカメラの映像を内蔵HDDに取り込める。取り込んだ映像は本機で編集して、BDやDVDディスクに残すことも可能だ。なお本体に搭載しているUSB端子に外付けHDDを接続して、テレビ番組を録画する機能については本機は対応していない。また、LAN端子は設けているが、「ネットdeナビ」の機能は非対応となる。

本機のリモコン

数字キー、モード切替や録画・ダビングのボタンはパネルの裏側に配置している

【問い合わせ先】
東芝DVDインフォメーションセンター
TEL/0120-96-3755

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルBlu-rayディスクレコーダー
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番D-BW500
  • 発売日2011年2月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格70,000円前後)

【SPEC】●内蔵HDD:320GB ●チューナー:地上・BS・110CSデジタル×1、地上アナログ ●出力端子:HDMI×1、S映像×1、コンポジット映像×1、光デジタル音声×1、アナログ音声×1 ●入力端子:S映像×1、コンポジット映像×1、アナログ音声×1 ●その他端子:LAN端子、USB端子、SDカードスロット ●消費電力:46W(動作時) ●外形寸法:435W×100H×399Dmm(突起部含む) ●質量:7.0kg

関連記事