通話や音量調整などの操作が可能

オーディオテクニカ、“SOLID BASS”シリーズにiPhone対応ヘッドセットモデルを追加 − ATH-CKS90iなど3機種

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月29日
(株)オーディオテクニカは、低音再生力を強化したイヤホン“SOLID BASS”シリーズの新モデルとして、iPod/iPhoneの操作や通話に対応した「ATH-CKS90i」など3機種を5月下旬から発売する。なお通常の“SOLID BASS”シリーズもラインナップを増強。別項にて詳細をお伝えする。

いずれのモデルもMade for iPod/iPhone/iPadに準拠。音楽や動画の再生/音量調整などを手元で行えるコントローラーと、通話やボイスメモが利用できるマイク付きなのが特徴だ。対応する機種/機能の一覧はこちらのPDFに詳しい。

ラインナップと各製品の詳細は下記の通り。

カナル型
ATH-CKS90i ¥13,650(税込)
カラー:ブラック

ATH-CKS90i

“SOLID BASS”シリーズのフラグシップモデル「ATH-CKS90」にマイクやコントローラーを追加したモデル。低音増強のための空気室(チャンバー)を3つに増やした「デュアルチャンバーメカニズム」を採用。新設計の専用φ13mmドライバーを搭載し、出力音圧レベルは106dB/mW、再生周波数帯域は5〜25,000Hz、最大入力は100mW、インピーダンスは16Ωとなっている。イヤーピースは好みに合わせて装着具合を2段階調整可能だ。

カナル型
ATH-CKS55i ¥6,300(税込)
カラー:ブラック/ブラックレッド/ホワイト

ATH-CKS55i

ハウジング内に空気室を設け、アコースティックレジスター(音響抵抗)を直列配置する「サブチャンバーメカニズムAR」を採用。φ12.5mmmドライバーを搭載しており、出力音圧レベルは105dB/mW、再生周波数帯域は5〜24,000Hz、最大入力は100mW、インピーダンスは17Ωとなっている。イヤーピースは好みに合わせて装着具合を2段階調整可能だ。

なお、本機からコントローラーなどを省いた「ATH-CKS55」も同日発表されている。こちらは4月中旬発売で、価格は5,040円(税込)。

オーバーヘッド型
ATH-WS55i ¥9,975(税込)

ATH-WS55i

ハウジング内にふたつの空気室を設ける「ダブルエアチャンバーメカニズム」を採用。アルミハウジングを樹脂製パーツで挟み込む重層構造により、不要な共振を抑え制動性を高めたという。さらに、厚めの楕円型イヤパッドにより外部ノイズや音漏れを抑える。この3つの技術により、低音の再生力を高めたとのこと。

ドライバーはΦ40mm。出力音圧レベルは100dB/mW、再生周波数帯域は10〜24,000Hz、最大入力は500mW、インピーダンスは40Ωとなっている。

ヘッドバンドは自由にアジャストできる無段階調整となる。

なお、本機からコントローラーなどを省いた「ATH-WS55」も同日発表されている。こちらは4月中旬発売で、価格は8,925円(税込)。

【問い合わせ先】
オーディオテクニカ相談窓口
TEL/0120-773-417
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-CKS90i
  • 発売日2011年5月下旬
  • 価格¥13,650(税込)
【SPEC】●型式:ダイナミック型 ●ドライバー:φ13mm ●出力音圧レベル:106dB/mW ●再生周波数帯域:5〜25,000Hz ●最大入力:100mW ●インピーダンス:16Ω ●コード長:1.2m/Y型 ●質量:約9g(コード除く)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-CKS55i
  • 発売日2011年5月下旬
  • 価格¥6,300(税込)
【SPEC】●型式:ダイナミック型 ●ドライバー:φ12.5mm ●出力音圧レベル:105dB/mW ●再生周波数帯域:5〜24,000Hz ●最大入力:100mW ●インピーダンス:17Ω ●コード長:1.2m/Y型 ●質量:約6g(コード除く)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-WS55i
  • 発売日2011年5月下旬
  • 価格¥9,975(税込)
【SPEC】●型式:密閉ダイナミック型 ●ドライバー:φ40mm ●出力音圧レベル:100dB/mW ●再生周波数帯域:10〜24,000Hz ●最大入力:500mW ●インピーダンス:40Ω ●コード長:1.2m/Y型 ●質量:約165g(コード除く)

関連記事