ソニー、3D対応“BRAVIA"2010年モデルの操作性を向上

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月04日
ソニーは、液晶テレビ“BRAVIA"のソフトウェアバージョンアップを、3月7日から放送ダウンロードで実施する。

アップデートの対象となる「KDL-46LX900」

対象のBRAVIAは、2010年に発売された3D対応モデル。バージョンアップにより3D映像への手動切替の操作性を高め、リモコンの3Dボタンの操作のみで3D映像の選択ができるようになる。

■対象製品
 KDL-40LX900 / KDL-46LX900 / KDL-52LX900 / KDL-60LX900
 KDL-40HX800 / KDL-46HX800
 KDL-46HX900 / KDL-52HX900

■放送ダウンロードの期間
 2011年3月7日(月) 〜 2011年4月3日(日)

【問い合わせ先】
ソニー使い方相談窓口
TEL/0120-333-020

関連記事