「タグリストシェア」機能がフル活用できる

東芝、“Regza Apps Connect”サービスのアプリ第一弾「RZタグラー」を公開

ファイル・ウェブ編集部
2010年11月01日
(株)東芝は、同社の液晶テレビやビデオレコーダーの対応機種で楽しめるクラウドサービス“Regza Apps Connect”の第一弾アプリ「RZタグラー」をアップル「AppStore」で公開した。

“Regza Apps Connect”は、同社の液晶テレビやビデオレコーダーの録画機能、ネットワーク機能を増強するため、東芝が独自に用意したサーバーを使って、スマートフォンやタブレットPC対応の「Apps」で追加機能を提供するサービスだ(関連ニュース)。


CELL REGZAの「チューナーリモコン」
今回サービス第一弾アプリとして公開された「RZタグラー」は、LAN接続された東芝の“CELL REGZA”「X2/XE2」シリーズ、並びに“REGZAブルーレイ”、“RDシリーズ”のラインナップで「ネットdeナビ」の機能を搭載する全てのレコーダー製品に対応している。iPhone、iPod touch、iPadにインストールして、テレビやレコーダーがリモコン操作できる「タッチリモコン」が使えるようになる。他にも録画番組に対して“Regza Apps Connect”のサービス、対応機器を共有するユーザー同士で、録画番組に設定したチャプター情報やプレイリストを「タグ情報」として記録して、データをクラウド上で共有できる「タグリストシェア」の機能も利用できる。

「RZタグラー」では、「タグリストシェア」の機能から他のユーザーが作成した録画番組のシーン頭出し情報を「タグリスト」として呼び出して活用したり、「タグリスト作成」、「タグリスト管理」、あるいはタグリストにユーザーが「コメント」を付られる「リタグ」など、フル機能が利用できる。

タグリストの一覧

タグリスト内、チャプター位置の頭出し一覧を表示


タグ編集も「RZタグラー」では可能だ

タグリストにユーザーが「コメント」を付られる「リタグ」機能も搭載


任意のコメントをリタグできる
「RZタグラー」のダウンロード、並びに対応機器の詳細などは下記リンク先を参照してほしい。
http://itunes.apple.com/jp/app/id400660309?mt=8#

なお、同社では11月中旬を目処に、タッチリモコン機能と「タグ情報」参照のみが行える入門用アプリ「RZコマンダー」のリリースも予定しているという。

【問い合わせ先】
東芝 テレビご相談センター
TEL/0120-97-9674

関連記事