タテ/ヨコ両対応

シャープ、HDD非搭載で「マッハメモリー」内蔵のスリムな“AQUOSブルーレイ”を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年10月21日
シャープは、HDDを内蔵しないストレート型のスリムなBDレコーダー「BD-AV70」を12月1日に発売する。価格はオープンだが85,000円前後での販売が予想される。

「BD-AV70」

タテ置き用のスタンドも付属する

高さはわずか35mm

先日のCEATECで参考出展されていたもの(関連ニュース)が公式発表された。ヨコ置き時の高さは業界最薄の35mmで、付属スタンドを使えばタテ置きも可能。これまでレコーダーを設置しづらかったスペースにも収納することができる。

様々なスペースに収納できる

本製品の特徴

チューナーは地上/BS/110度CSデジタルチューナーが1系統、地上アナログが1系統。

BDドライブはスロットイン方式で、液晶テレビ“AQUOS”LB3ラインに使われているドライブと同じもの。

BDXLメディアへの書き込みや再生、Blu-ray 3Dの再生対応。3層100GBのBDXL-Rディスクを使用した場合、DRモードでも約12時間の録画ができる。またAVCによる約10倍の長時間録画を行った場合、約87時間20分の録画が可能。

ディスクの録画や再生を開始するまでの時間を短縮するため、「マッハメモリー」を内蔵。録画時にはメモリーへ一時的に録画を行い、再生時にはメモリーに保存していた映像から先に再生を開始。ディスクの読み込みが完了すると同時に、ディスクでの録画・再生動作に受け渡す。

「マッハメモリー」の動作概念図

同社従来機のクイック起動切時では、電源ボタンを押した瞬間から録画ボタンを押せるようになるまで約58秒必要だったが、BD-AV70ではこれを約22秒に短縮したという。

MPEG-4 AVC/H.264トランスコーダーは、AQUOSブルーレイの2010年春モデルから搭載されている、新MPEG-4 AVC/H.264トランスコーダーを採用。約10倍のフルHD録画が行える。

また同社のトランスコーダーは、2カ国語、マルチ音声、番組連動データなども、録画モードにかかわらず記録可能な点も特徴。さらに圧縮ノイズなどを低減し、クリアに再生する「微細化高画質」も備えている。

音声面では、ドルビーヘッドホンによるサラウンド効果も実現するヘッドホン端子を装備した。

ドルビーヘッドホン機能も備えている

i.Link端子も搭載。これによりCATVのSTBからの番組録画が行える。また前面にはデータ受信端子も備え、AVCHDカメラの動画取り込みにも対応している。HDMI出力は1系統で、ほかに光デジタル音声出力も備えている。

底面のカバーを開けるとHDMI端子などが現れる

またネットワーク機能では、アクトビラ ビデオ・フルの視聴に対応している。DLNAや携帯電話への動画転送機能には非対応。

省エネ機能では、放送受信時でも、BDの動作が約20秒停止すると、ドライブの電源を自動でオフにする「インテリジェント パワーセーブ」機能を搭載。録画/再生時の消費電力は約26Wだが、ドライブの電源を切ることで約20W程度に抑えることができるという。

本体カラーはブラックのみで、光沢仕上げを採用。ヨコ置き時の天面にあたる部分には、AQUOSブルーレイの既存機種でもおなじみの、円形のディスプレイ部を備えている。ディスプレイは縦置き時と横置き時で、メニュー画面から表示向きを変更することもできる。

【問い合わせ先】
シャープ(株)
お客様相談センター
TEL/0120-001-251
新着記事を見る
  • ジャンルBlu-rayディスクレコーダー
  • ブランドSHARP
  • 型番BD-AV70
  • 発売日2010年12月1日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格85,000円前後)
【SPEC】 ●デジタルチューナー:1系統 ●入力端子:i.Link1、データ受信1、アンテナ入力1 ●出力端子:HDMI端子1、光デジタル音声1、ヘッドホン端子1 ●入出力:LAN1 ●外形寸法:430W×35H×218Dmm ●質量:約2.0kg

関連記事