Google TV内蔵BDプレーヤーも

米Sony、Google TV搭載の「Sony Internet TV」を正式発表

ファイル・ウェブ編集部
2010年10月13日
Sony Electronicsは、かねてから発売を表明していた、「Google TV」を採用した薄型テレビ「Sony Internet TV」の詳細を発表した。10月に北米で販売を開始し、現在SonyStyle.comとBestBuy.comで予約受付を行っている。

Google TV機能を内蔵した液晶テレビのサイズと型番、価格は以下の通り。

・46V型「NSX-46GT1」1,399.99ドル
・40V型「NSX-40GT1」999.99ドル
・32V型「NSX-32GT1」799.99ドル
・24V型「NSX-24GT1」599.99ドル

NSX-40GT1

NSX-24GT1



Google TVは、Googleとソニー、Logitechなどが共同開発した、Androidをベースにしたテレビ向けプラットフォーム。ウェブブラウザーには「Chrome」が用意されている。また、テレビ画面とウェブの2画面表示にも対応している。

Google TVは機能を増強できる点も特徴で、2011年の早期からAndroidマーケットからアプリをインストールすることも可能になる。

製品には「CNBC」「Napster」「NBA」「Netflix」「Pandora」「Twitter」「YouTube」の各アプリがプリインストールされているほか、ソニーのVODサービス「Video On Demand powered by Qriocity」も利用できる。

また、Androidスマートフォンにインストールしたアプリから、Sony Internet TVをコントロールすることも可能になる。晩秋にアプリを公開する予定だ。

32V-40V型の側面部

24V型の側面部

4機種はすべて解像度がフルHDで、バックライトは32V-46V型がLED、24V型がCCFL。Wi-Fi機能も内蔵し、インターネットへの接続性も高めている。プロセッサーにはIntel「Atom」を採用している。

QWERTYキーパッドを備えたリモコン

リモコンは両手で持つ独特の形状で、QWERTYキーパッドを備えているほか、光学マウス機能も統合したRFリモコンとなる。

Google TV機能を内蔵したBDプレーヤー「NSZ-GT1」

また同社は、Google TV機能を内蔵したBDプレーヤー「NSZ-GT1」も10月に発売する。価格は399.99ドル。プロセッサーや無線LAN内蔵、QWERTYキーパッド搭載RFリモコンなど、基本機能はテレビと同様だ。HDMI端子は入力1系統、出力1系統で、USB入力は4端子を備える。

Sony Home DivisionのSVPであるMike Abary氏は、「Sony Internet TVは世界初の、大画面テレビのインパクトと、フルインターネットサーチを結びつけた製品だ。ついに同じ画面で、好みのテレビ番組とウェブサイトを同時に検索できるようになった」と述べている。

関連記事