Android/iOS向け操作アプリも無償提供

Logitech、Google TV対応デバイス「Revue」を正式発表

ファイル・ウェブ編集部
2010年10月07日
Logitechは、Androidをベースにしたテレビ向けプラットフォーム「Google TV」採用のデバイス「Revue」を発表した。販売価格は299.99ドルで、アメリカ国内向けの予約受付を開始した。10月末に出荷を開始する。

「Revue」

利用イメージ

Revueは小型の「コンパニオンボックス」と、トラックパッドや操作ボタンを備えたキーボードのセット。オプションで用意されるウェブカメラ「TV Cam」により、HD動画でテレビ電話が行える「Vid HD」サービスも利用できる。TV Camは149.99ドル。

小型の「コンパニオンボックス」

キーボードにはトラックパッドや操作ボタンを備える

同社CEOのGerald P. Quindlen氏は、「我々がGoogle TV製品で目指す役割は、人々が、これまでにない方法でデバイスやコンテンツを操作することを可能にすることだ」とコメント。「Google TV対応の製品で、デジタルリビングルームにおけるユーザーエクスペリエンスを定義し直す」と強い意気込みを示している。

RevueにはIntelのプロセッサー“Atom”「CE4100」を搭載。Google TVの機能により、CATVやVODなど複数の映像ソースを快適に検索できるほか、Flashにも対応したウェブブラウザーも利用できる。

HDMI 1.3a端子は入力/出力が各1系統で、どちらも1080/60pに対応。そのほか、光デジタル音声出力端子1系統、USB2.0端子2系統などを備える。ネットワーク機能では有線LANのほか無線LANも内蔵し、IEEE802.11a/b/g/nに対応する。

コンパニオンボックスは光沢のあるブラック塗装が施されている

端子部にはHDMI入出力やUSB端子などを装備

Logitechでは、Google TV向けの独自アプリ「Logitech Media Player」も開発。本アプリにより、USB機器やDLNAサーバー内の映像や音楽、静止画などのコンテンツをGoogle TVで再生させることができる。

なお、製品はGoogle TVに対応しているだけでなく、Logitechの機器制御技術「Harmony」にも対応している。Logitechでは、本機能に対応させたスマートフォン向けアプリも開発。iOS向けの「Logitech Harmony for iPhone」とAndroid向けの「Logitech Harmony for Android」を用意する。どちらも無償で提供する。

iOS向けアプリ「Logitech Harmony for iPhone」の画面忌め0時

これらのアプリによってGoogle TVの操作が可能で、たとえばアプリの「Watch Google TV」を押すと、テレビやCATVのSTB、AVアンプなど複数機器の電源を一斉にONにすることができる。また、スマートフォンのキーボードで文字入力を行い、番組を検索したりすることも可能だ。

さらに同社では、手のひらサイズのキーボードとタッチパッド、リモコン機能を併せ持つ「Mini Controller」も用意。リチウムイオン充電池で駆動し、フル充電で2週間の使用が可能という。別売りで、価格は129.99ドル。

別売りの「Mini Controller」

「Mini Controller」の利用イメージ

関連記事