Blu-ray 3D/BDXL対応

【CEATEC】超薄型でタテ/ヨコ両対応のBDレコーダー、シャープが間もなく発売へ

ファイル・ウェブ編集部
2010年10月05日
本日から開幕したIT/エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN 2010」。シャープブースは液晶テレビ/レコーダー“AQUOS”と、電子書籍端末“GALAPAGOS”で大半のスペースを占め、残りを3D関連の技術展示やスマートフォンなどが埋めるという構成になっている。

レコーダーで話題を集めていたのは、超薄型の“新スタイルBDレコーダー”。高さが35mm程度と非常に薄く、縦置きと横置きに両対応している。横幅は430mm程度、奥行きは250mm程度。同社説明員は、「縦置き時はテレビのヨコに置くなどの使い方ができる。また横置き時は、高さが低いので、液晶テレビの画面の下に設置することもできる」と、その利点を説明する。

超薄型の“新スタイルBDレコーダー”

縦置きも可能

本体にはBlu-ray 3DやBDXLのロゴがプリントされており、これらの規格に対応している。ドライブはスロットインドライブで、液晶テレビ“AQUOS”LB3ラインと同じものを搭載しているという。

液晶ディスプレイは天板に円形のものを備え、縦置き時と横置き時で、表示の向きをメニューから変更することができる。

チューナーは地上/BS/110度CSデジタルチューナーが1系統、地上アナログが1系統。HDD容量は「検討中」とのこと。なお、HDMIなど接続端子類は底面のケース内に設置されている。

底面のカバーを開けるとHDMI端子などが現れる

また、前面にはドルビーヘッドホンに対応したヘッドホン端子や、USB端子を装備。USB端子からAVCHD映像の取り込みも行えるという。

本日は参考出展だったが、市販に向けて準備を進めているという。気になる発売時期は「近々発表する」(説明員)とのこと。正式発表を期待したい。

液晶テレビ“AQUOS”では、4原色パネル「クアトロン」の色再現範囲の広さ、光利用効率の高さなど、数々の利点をデモで紹介。3Dテレビの画質を訴求することにも注力しており、「明るい3D」をアピールしていた。

また、USB-HDD録画機能やDLNA機能、AQUOSファミリンクなどの機能のデモも充実。最新の液晶テレビ“AQUOS”のラインナップも実機が置かれ、それぞれの機能や画質を実際に確かめることができた。

関連記事