輝度15,000ルーメンを実現

三洋電機、2,048×1,080の2K映像表示に対応したプロジェクター「LP-HF15000L」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年09月28日

LP-HF15000L
三洋電機(株)は、2K解像度リアル対応で輝度15,000ルーメンを実現したプロジェクター「LP-HF15000L」を12月24日より発売する。価格はオープンだが、900万円前後での販売が予想される。なお、投映レンズは別売り。

本機は1.64型の2K新無機配向膜液晶パネルを3枚搭載し、17対9/2K(2,048×1,080ドット)の表示にリアル対応。独自の「QuaDriveエンジン」を搭載することで、高輝度・高“精彩”・高信頼性を実現するという。また、出力380Wランプを4灯使用し、冷却技術を駆使することにより、輝度15,000ルーメンを実現した。また従来機種「LP-HD2000」に比べて光効率を向上させ、省エネ仕様となっているとのことだ。コントラスト比は3,000対1となる。

プロジェクター内部へのホコリの侵入を防ぐため、「アクティブ・メンテナンス・クリーナー」(AMC)を搭載。フィルターを一定時間ごと、または目詰まり検知で自動的に掃除する仕組みとなっている。また、ホコリ以外に煙など細かな粒子の侵入も防ぐ「スモークフィルター」もオプションで用意している。

また、電源を切らずにランプの入れ替えが可能な「ホットスワップ・ランプ交換システム」を装備。イベントや重要な会議のプレゼンテーション時にランプが切れた際も、投映を中段することなく使用できる。

そのほか、複数台のプロジェクターを用いたマルチ投映時に各機の輝度を合わせる「輝度一定モード」や、マルチ投映時に、プロジェクター毎に色再現領域(赤・青・緑・シアン・マゼンダ・イエロー・白)のバラツキを色毎に個別に補正する「カラーマッチング機能」など多彩な機能を備えている。
新着記事を見る
  • ジャンル液晶プロジェクター
  • ブランドSANYO
  • 型番LP-HF15000L
  • 発売日2010年12月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格900万円前後)
【SPEC】●方式:3原色液晶シャッター投映方式 ●液晶パネル:1.64型×3枚(無機パネル)、アスペクト比約17:9、2,211,840画素(2048×1080)×3枚、総画素6,635,520 ●光源:380W NSHA x 4 ●画面サイズ(投映距離):40〜600型 (投映距離はレンズによって異なります) ●コントラスト(全白:全黒):3000対1 ●外形寸法:650.0W×349.0H×815.0Dmm ●質量:47kg

関連記事