Gracenoteにも対応

LG、3D対応BDプレーヤー「BX580」を発売 - YouTube接続などのネット機能も

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2010年09月27日
LGエレクトロニクス・ジャパン(株)は、Blu-ray 3Dの再生に対応し、YouTubeなどへの接続機能も備えたBDプレーヤー「BX580」を11月19日より発売する。価格はオープンだが30,000円前後での実売が予想される。

BX580

前面パネルを開けると操作ボタンやUSB端子が現れる

HDMI 1.4a端子を1系統備え、Blu-ray 3Dソフトの再生に対応したBDプレーヤー。Deep Colorにも対応する。音声規格ではドルビーTrueHDやドルビーデジタルプラス、DTS-HD Master Audioのパススルー出力機能も搭載している。

LANケーブルを使用してのネットワーク接続機能を搭載。YouTubeとPicasa、天気情報サービスのAccuWeather.com用の専用UIを備えており、テレビ画面上から各種サービスを利用できる。また、ネットワーク機能ではBD-LIVEにも対応している。

さらに、Gracenoteにも対応。ディスクを再生するとGracenote Media Databaseにアクセスし、BD、DVD、CDソフトのタイトルや関連情報を自動的に取得する。

AVCRECおよびAVCHD形式で記録したディスクの再生にも対応。またUSB端子も備えており、USBメモリーや外付けHDDに保存した動画や写真、音楽ファイルの再生も行える。対応するファイル形式は、動画が.avi/.divx/.mpg/.mpeg/.mkv/.mp4で、音楽が.mp3/.wma/.wav、静止画が.jpg/.jpeg/.png/.gif。

なお、HDMI CEC機能は非搭載で、DLNAへの対応は検討中。この点については、本日開催された製品発表会での同社スタッフによれば「本製品の他国販売モデルでは対応しているが、DLNA対応の従来機であるBX570において、日本ではこの機能に対するユーザーからの反応もそれほど大きくなかった。そのため、機能を取り外してしまおうかと考えている」とのことだった。

端子類では、前述のHDMIとUSB、LANのほか、コンポーネントとコンポジット、光デジタル音声、同軸デジタル音声出力を各1系統ずつ装備している。
新着記事を見る
  • ジャンルBDプレーヤー
  • ブランドLG
  • 型番BX580
  • 発売日2010年11月19日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格30,000円前後)
【SPEC】●端子:HDMI(Ver.1.4a)×1、コンポーネント×1、コンポジット×1、光デジタル音声×1、同軸デジタル音声×1、LAN×1、USB×1 ●消費電力:約17W ●外形寸法:430W×45H×200Dmm(突起部は除く) ●質量:約2.7kg

関連記事