RDP-NWSK8/RDP-NWD300/RDP-NWR100

ソニー、独自電流駆動システム搭載機や防水機など“Walkman”ドック搭載スピーカー3機種を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年09月15日
ソニーは、新開発の独自電流駆動システム「iFSテクノロジー」搭載機「RDP-NWD300」や防水モデル「RDP-NWR100」など“Walkman”用ドックを搭載したスピーカー3機種を10月9日より発売する。

RDP-NWSK8 ¥OPEN(予想実売価格20,000円前後)
RDP-NWD300 ¥OPEN(予想実売価格10,000円前後)
RDP-NWR100 ¥OPEN(予想実売価格6,000円前後)

■「RDP-NWSK8」は着せ替え可能で重低音重視

RDP-NWSK8

背面の様子

総合出力40Wの同軸2ウェイスピーカーを採用したモデル。デザインシートを交換することで着せ替えが可能な点が大きな特徴。先日開催されたディーラーコンベンション(関連ニュース)に参考展示されていた製品の正式発売がアナウンスされた格好だ。

シートを交換することでデザインの変更が可能

スピーカー部のリングを外すと前面の透明なパネルも取れるようになっており、そのパネルと本体との間に挟まっているデザインシートを交換することで着せ替えを行う。

シートは2枚付属し、両面にそれぞれ異なる柄が描かれているため合計4種類を選択可能。付属のシートを利用する以外にも、ポストカードなど自分の好きなものを利用してデザインをカスタマイズすることももちろん可能だ。

重低音再生を重視するユーザーを意識し、構造にはCCCR(Common Cavity Common Resonance)方式を採用。左右のスピーカーボックスを専用に設計したダクトでつなぎ共有化することによって、スピーカーボックスの容量を増やした。これにより、より豊かな低音の再生を可能にしたとしている。なお、同社では本製品の設置方法について、床置きスタイルを意識しているという。

■「RDP-NWD300」は新開発技術「iFSテクノロジー」を搭載

総合出力10Wで、NAS-V5(関連ニュース)同様の木の葉形状デザインを採用したモデル。ブラック、ホワイト、ピンクの3色で展開する。

RDP-NWD300

操作ボタン類の様子

スピーカーの駆動には通常の電圧駆動ではなく、電流によって駆動させる「iFS(Intensity-of-curreent Feedback System)」技術を採用。iFS専用の小型フルレンジスピーカーを新たに開発した。

同方式では、スピーカー自体をアンプのフィードバックループに入れることで、インピーダンス変動や逆起電力などの影響を排除。同社ではこれにより、「聴き疲れしないピュアな音」「アタック音が鋭く気持ちが良い音」「それぞれの楽器の音色がはっきりとわかる豊かな空間表現能力」を実現したとしている。また、DSPなどを使用していないため、再生する音楽のジャンルを選ばない点も特徴だという。

本体背面にもWM-PORTを備えるほか、USB端子や「PC MODE」ボタンも搭載。これまでは例えばパソコンから楽曲を転送する際にはUSBケーブルで接続、音楽を聴く際にはドッグスピーカーにウォークマンをセットするといった具合に用途によって接続方法を変更する必要があったが、本機をハブのように介して楽曲転送などが行えるようになった。なお、別売のオーディオケーブルを使用すれば本機をPC用スピーカーとしても利用できる。

背面にもWM-PORTを備える

■防水スピーカー「RDP-NWR100」

JIS防水保護等級IPX7/IPX4相当の防水性能を備えたスピーカー。内部にウォークマンを装着して風呂場などでも使用できるようにする。なお、防水対象は真水と水道水。カラーバリエーションはブルーとピンクの2色を用意している。

RDP-NWR100

本体構造では、シリコンゴムをコの字形状にすることで圧縮力を上下左右方向に分散。筐体への付加を軽減し、防水性能を高めている。

また、一般的な防水スピーカーは上部と左右の3ヶ所にバックルを配置していることが多いが、本機では両手で製品を持った際に親指で背面のバックルをワンプッシュするだけで開閉可能な形状を採用。ウォークマンの着脱を行いやすいようにしている。

背面の様子。両サイドを両手で持ち、親指で押し込むような感じにすると簡単にロックのオン/オフが行える

ウォークマン本体の見える“窓”に当たる部分には、ラップのようなシリコンシートを採用。濡れた手でもシートの上からウォークマンの操作ボタンをタッチできるようになっている。また、頻繁に使うボリューム調整ボタンは上面に別途用意している。なお、FMラジオはアンテナがイヤホンに入っているため、本機使用時には利用できない。

防水シートの上からウォークマンのボタンを直接触って操作する

駆動には単3形乾電池3本を使用し、約24時間の再生が可能。さらに、出力は1W+1Wから100mW+100mWへと変更されるが、乾電池の電力がなくなった際にはウォークマンの内臓バッテリーでの駆動に切り替わる。その際には約3時間の再生が可能。

電池カバーを開けたところ

そのほか、デジタルアンプを搭載し、スピーカーユニット径は40mm。スピーカーボックスも100ccの容量を確保するなど、スタンド使用時の奥行きが約75mmというコンパクトなサイズながらも高音質化にも配慮している

■「NAS-V5」には新色を追加

WalkmanおよびCDの再生、AM/FMラジオおよびインターネットラジオ受信にも対応する「NAS-V5」に新色のホワイトを追加。これまでのブラックとピンクと合わせた3色で展開する。

NAS-V5

【問い合わせ先】
ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口
TEL/0120-777-886

関連リンク

関連記事