オーディオテクニカと共同開発

コクヨ、ロボットデザイナー・松井龍哉氏デザインのスマホ対応ポータブルスピーカーを発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年06月07日
コクヨS&T(株)は、オリジナルブランド“trystrams(トライストラムス)”より、ロボットデザイナー・松井龍哉氏のデザインによるポータブルスピーカー「X-ViZ(クロスヴィズ)」を7月10日に発売する。


X-ViZ(クロスヴィズ)
スマートフォンやノートPCとの組み合わせに適したスピーカー。価格は税込6,300円。カラーバリエーションはブラックとホワイト。

本製品のプロダクトデザインは、科学技術振興事業団にてヒューマノイドロボット「PINO」のデザインに携わり、自社においてもヒューマノイドロボット「Posy」「Palette」等を開発してきたロボットデザイナーの松井龍哉氏が手がけた。松井氏は本機について「PCでのプレゼンテーションや出張時にスマートフォンなどから音楽を聴くモバイルデバイスとして開発した」スピーカーと説明している。

会議室やビジネスホテルでのミニマムユース使用を考慮し、コンパクトながら高音質なサウンドが楽しめるサイズとしたほか、スイッチやボリュームなどのツマミを配したミニマルなデザインがコンセプト。スマートホンやノートPCのイヤホンジャックを差し込むとスイッチをONにできる。

音質面ではオーディオテクニカとの共同開発により、高音質を追求した。本体はバスレフ方式を採用し、伸びのある低音再生を獲得。最大出力600mW×2のアンプを内蔵している。

【問い合わせ先】
コクヨお客様相談室
TEL/0120-201594

関連記事